SNSが普及して今はとても便利な世の中になりましたよね。連絡が途絶えた友人を検索して再会できたり、小学校の頃の友達と簡単に同窓会を開催することができたり。

最近作者が便利だなーと感じたのは、電車の遅れや混み具合がその場にいなくても、様々な人が投稿していることで事前に知ることができた時です。

そんな便利なSNSですが、一方では疲れきってしまった・・そんな話をよく耳にします。最近ではSNS鬱なんて言葉も出てきていますね。今回はそんなSNSに疲れきっている女子のあるあるを6つ紹介します。あなたは大丈夫ですか?

スポンサーリンク

1.他人の投稿に嫉妬

「今日○○に友人と来ています!」「ずっと欲しかった○○ゲット!」など、それは近況報告なの?自慢なの?と少し戸惑ってしまう投稿も少なくありません。

SNSの始まりは「ワールドワイドに、色々な場所で友達作りができる」といった事を狙っていたのでしょうが、結局は元々知っている友人との交流が主流となっています。

内容も自己満足なものが多く、他人の投稿を見て嫉妬してしまう人もいるぐらいです。自分が行きたかった場所に誰かが行っていたり、自分の欲しかったものを手に入れていたり・・。

恋人がいないとついついリア充カップルの投稿を目の敵にしてしまうこともしばしば・・。癒されたいと思ってSNSを眺めていたら、逆にストレスが溜まってしまった・・。あなたは大丈夫ですか?

2.コメント欲しさに

他人に頼られたい!求められたい!という欲求が強い人は、思うようにコメントが集まらないとストレスが溜まり疲れてしまう事も。見返り欲しさに行動する人っていますよね?それと同じで、SNSでも反応という見返りを求めている人がいるのです。

例えば、自分にたくさんの反応が欲しいので、対して仲良くもない人にコメントをしたりしていませんか?最初は興味本位で始めたSNSもいつしか他人とのプライドの張り合いになっている女子は結構います。

さらに疲れるポイントとしては、コメントの返信内容です。皆が皆、ポジティブでうれしいコメント内容をくれる人ばかりとは限らず、中にはその人の神経を疑ってしまうようなコメントもあります。

大人な対応を心がけていても、自分の投稿にそのようなコメントを残されてはイイ気がしませんよね。ここにもSNSで疲れ切ってしまう理由が隠されているのです。

3.知らない人からの友達申請

自分が会ったことも無い全く知らない相手から自分の友人の友人という理由で友達申請がきたり、そもそも何のかかわりもない人から申請が来たり・・。

自分は全く知らないのに相手は自分の事を知っていると考えると、少し恐怖を感じてしまいます。もしそうでなくても、スパムなのでストレスが溜まることに変わりはありません。

作者が実際に経験した話なのですが、友人から「作者の知り合いの人から友達申請が来たのだけれど、どうすればいいのか?」という相談を受けたことがあります。

その人の情報を聞き調べてみると、どうやら一緒に写っていた写真の彼女を気に入り申請していたのです。その人は中年の男性だったのですが、その友人だけでなくきれいな女性に片っ端から友達申請していたのです。

このように自分だけでなく友人にも被害が及ぶ場合があります。結果、自分も気疲れしてしまうのです。

4.友人の数の価値

友人の数は多ければ多いほど良いのでしょうか?小さいころ「友達百人できるかな♪」と無意識に歌っていたのですが、今思えば友達の数が多い=良いという概念は、その歌から生まれたのではないのだろうかと思います。

この考えはSNSでも同じことが言えます。フォロワーや友人の数を気にしてSNSを続けている人が多いと思いませんか?定期的に何人いるのかチェックしたり、他の気になっている友人と勝手に比べていたり・・。

質より量をと考えてしまう人が多いため、どうやら友人の数がいつしか自分のステータスのようになってしまっているのです。

確かに友人の数が多ければ多いほど、その人がとても人気者だなと思ってしまうかもしれません。しかし、実際にその人の友人数の半分以上が数回しか会ったことのない人ではないでしょうか?

友人の数を競ってSNS疲れしている女子は意外に多いと思います。そろそろ、そういうのやめにしませんか?何も考えなければ、疲れることはないですよ。

5.仕事とプライベートの区別ができずに

SNS上で仕事とプライベートはどこまで分けていますか?SNSはプライベートな事をさらけ出しているので仲の良い友人までにとどめておきたいという人が多いと思います。

中には、そんなに投稿することもないので、仕事関係の人から申請が来ても何も考えず承認するという人もいます。しかし、プライベートと仕事の選別がしっかりしていないと後々疲れ切ってしまう原因になります。

仕事の上司や先輩から友達申請が来てしまうと承認せざるを得ないですよね。承認するとあなたの投稿を彼らも見ています。旅行を楽しんでいる写真、恋人と映っている写真、友人と少しバカな事をしている写真・・。

「この前○○に行っていたんだろ?」「優しそうな恋人じゃないか」など、いちいち上司から声をかけられたら、たまったものじゃないですよね。

6.元彼の動向

SNSでやってしまいがちなのが、元彼の動向を確認してしまうことです。これをやって良いことなんて一つもないことは、誰もがわかっています。しかし、やめられない・・という女性は多いと思います。

元彼がいつ何をしたかチェックしているなんて、ストーカーっぽいのでやめるべきです。しかも、元彼に新しい彼女なんてできた日には・・。

見たくない写真や聞きたくないような出来事まで全部知ってしまいます。このストレスのせいで、SNS疲れしている女子が近年増加傾向にあります。

SNS疲れしない程度に楽しみましょう

SNSは様々な人とかかわりを持てるので魅力的なツールであることは間違いありません。しかし、あまりにもそればかりに固執してしまうと息抜きのはずが、エネルギーを持っていかれ疲れ切ってしまうのです。

SNSを利用する際は、ほどほどにしてくださいね。

スポンサーリンク