ひとりの女性だけを愛し、大切にできる男性もい多いですが、本命と遊びの女性を分ける男性も大勢いますよね。

彼氏と思って交際していても、「もしかして、ただの遊びなんじゃ…」と不安に感じている女性もいるのではないでしょうか?

そのようなことでお悩みの方にむけて、本命と遊びの女性に対する男性心理や行動パターンを5つお伝えします!

 

1.会うたびに体の関係を迫られる

男性が遊びの女性を求めるのは、本命の彼女とは別に、体の関係を持てる女性が欲しいからです。そのため、遊びの女性に対しては、体の関係以外のことをあまり求めません。

会うたびに体の関係を持っていたり、迫られている女性は、男性にとって遊びの女性としか思われていない恐れがあるでしょう。

2.デート先も違う

本命の彼女とのデートは、繁華街のカフェでお茶をしたり、ショッピングデートも楽しんだりするものです。休日などは、レジャー施設などのデートスポットに出かけたり、カップルらしいデートをするのが一般的です。

対照的に、遊びの女性に対しては、これらのような普通のデートはほとんどせず、自宅デートや居酒屋などで会うのがほとんどです。車を所有している人は、ドライブデートという手段もあり、とにかく、2人きりになれる場所でのデートを好みます。

3.会う日はいつも夜

本命の彼女であれば、1週間に1回以上のペースで会い、昼夜問わず、お互いの都合のいい時間にデート

をするものです。これが本来のカップルらしい交際なのですが、遊び目的の女性だった場合、基本的に夜の時間帯に会う約束をしてきます。

もし明るい時間帯にデートをしてしまうと、本命の彼女にバレる恐れがあるため、男性にとって夜の時間が最も都合がいいのです。また、夜の時間帯だと、一緒に飲みに行って、そのままホテルや自宅に自然な流れで持っていくことができます。

もし、毎回夜の時間帯に男性から飲みに誘われていたのだとしたら、あなたと会うことが目的ではなく、あなたと一夜の関係を持つことが目的でしょう。

4.妙に優しすぎる

女心を理解している男性は、巧みな話術で女性をその気にさせることができます。遊びの女性に対しても、遊び目的ではなく、本命の彼女だと思い込ませることも得意ですので、自分が本命のつもりでも、実際は遊びだったということもあるでしょう。

主な手口のひとつが、女性に対して優しく接することです。何を言っても否定せずに可愛いと誉めてきたり、飲みに行くたびにおごるなどの男性は、手っ取り早く体の関係を持ちたいがために、女性に優しくします。

単純に優しいというわけではないので、関係に飽きてしまったら、連絡がばったり来なくなる、ということもあり得ます。