適齢期に好きな人と付き合っていれば、遅かれ早かれ意識するのが結婚ですよね。しかし、恋愛が上手くいっているからといって、結婚も上手くいくとは限りません。

「その違いは何なのだろう?」と疑問に思っている女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は恋愛と結婚の違いを紹介します。

スポンサーリンク

結婚を境に責任が生まれる

恋愛ではそれほど責任を感じることはありませんが、結婚では責任が重くのしかかります。確かに、恋愛ならある程度、自分の好きなことをしていても許されますが、結婚したらそんな訳にはいきません。

特に男性は、家族を養っていくという大切な責任があります。そのため、責任を背負いたくないからという理由で、結婚に躊躇してしまう男性は多いです。

一方、女性は妊娠や出産、子育てがあるため、結婚するなら男性が責任を果たしてくれるのは必須条件。だから、恋愛では顔や性格を重視しがちですが、結婚では経済力を考えて相手を選ぶことになります。

責任の範囲にズレが出てくる

紹介したように結婚すると責任が生まれますが、そんなことは結婚する前の多くのカップルが気付いていることです。しかし、いざ結婚してみると責任の範囲にズレが出てくることも・・。

  • 家のローンの額
  • 保険や将来の貯金
  • 子供が何人欲しいか

事実、このようなズレによって仲が悪くなるカップルは多くいます。この厄介なとこは、結婚前には価値観が近いと思っていても、いざ結婚すると違っていたり、お互いに代わってくることがある点です。だから、結婚してから「こんなはずじゃなかった」なんて思う人が多いのでしょう。

意識がズレることで相手の悪い面を見てしまう

これは責任に限ったことではありませんが、結婚すると意識にズレが生じてしまいます。問題なのはそうなることで、相手の嫌な面を見てしまうことです。

確かに、自分と違う意識の人と分かってしまうと、どうしても好意的に見ることはできません。結婚前にいい面ばかり見ていたのとは大違いですね。

モチベーションの違い

恋愛と結婚の違いには、モチベーションの違いもあるでしょう。恋愛中は結婚という明確な目標があるので、ケンカなどのトラブルがあっても、結婚に向けて我慢することができます。

もちろん、そのまま別れてしまうこともありますが、結婚してないのですから、それはそれで問題ありません。

一方、結婚をゴールと考える人は意外と多く、結婚後に男女間のモチベーションを保つのが難しくなってしまいます。むしろ、トラブルで相手を嫌いになってしまうと、離婚という目標ができることも・・。

スポンサーリンク