「お前、ウザい」という返信を最後に、二度と連絡が取れなくなってしまった・・。あなたは、そんな経験ありませんか?

ウザい女と言われてしまう女性は、昔から世の中に多く存在します。携帯電話などなかった時代は、急に家にやってくる女性がウザくてしつこい女だと言われていましたが、最近ではLINEが登場したため、しつこい女の主戦場もそこに移っています。

自分はそんなことない!と安心しているそこのあなた。そういう女性こそ、ウザい女の可能性を秘めているのです。

今回は、実際にLINEで男性からウザいと思われた事例を紹介します。もしも当てはまっていたら、男性からしつこい女だと思われている可能性大ですよ!

スポンサーリンク

1.返信までの時間制限がある

LINEの便利な機能といえば、メッセージを送って相手がそれを読んだ際に、送った側でそれが確認できるという既読機能です。しかし、この既読機能が男女の間で問題になることも少なくありません。

特にしつこい女だといわれる女性は、既読してから数十秒後に返信が来ないと、「なんで返信しないの?」「私のこと嫌い?」「既読無視しないでよ!」というようなメッセージを山のように送ってきます。

このような事例はそれこそ山のように存在するのですが、相手には相手の事情があります。

  • 返信する内容を考えていた
  • 電話がかかってきてしまった
  • 忙しいから後で返事しようと思った

普通の人間なら、このように様々なことが考えられるはずです。そのようなことも考えず、自分勝手な行動をとっていると、男性からはウザい女だと思われます。そのまま別れを告げられることもあるため注意が必要です。

2.未読スルーと決め付ける

LINEはメッセージを開けば相手側に既読したことが伝わりますが、開かなければそのような通知は行きません。そして、LINEではメッセージを開かなくても最初の数十文字は内容を見ることができるため、あえて既読しないで返信をしない『未読スルー』をする人がいます。

しかし、この未読スルーという言葉ができてから、しつこい女のウザさが急上昇しています。しつこい女は相手が本当にメッセージを読んでいないだけなのに、勝手に未読スルーをしたと決め付けてしまうのです。

そして、「無視しないでよ」「未読スルーしてるのばれてるからね」「最低」などという言葉を並べ、山のようにスタンプを送ってくるのです。

実際にこのような女性に捕まってしまった男性は、LINEを開くのが怖くなったと言います。彼氏の中では、しつこい女どころか怖い女になってしまったのです。あなたは心当たりありませんか?

3.愛情確認がしつこい女

男性はあまり愛情表現をしようとしません。しかし、女性は愛情を言葉として聞きたいという人が多く、恋人関係においてこの問題はいつの世も存在し続けています。そしてLINEの中でも、愛情表現の問題が発生しているのです。

スポンサーリンク