旦那が毎週のようにキャバクラに通っている・・。そのような悩みを持つ奥様は少なくないと思います。浮気の価値観は人それぞれですので、キャバクラ通いを浮気だと見なす人もいるでしょう。

他にも、単純にお金のムダだからやめさせたい!なんとなく旦那が楽しい思いをしているのがムカつくからやめさせたい!という人もいると思いますが、全て共通しているのは、とにかくキャバクラ通いをやめさせたいということです。

そこで今回は、旦那のキャバクラ通いをやめさせる方法を6つ紹介します。キャバクラ通いをどうしても許せない!という奥様は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.嫉妬しているフリをする

キャバクラに通う男性は、その行為が女性にとってどのようなことであるのか理解できていないことが多いです。

女性はキャバクラに行ったことがある人は少ないので、キャバクラをとんでもなくいやらしい場所だと思っている人もいます。実際にはそのようなことはないのですが、男性はそのようなことがわからないので、気軽にキャバクラに行ってしまうのです。

そのため、奥様がどれだけ不快な思いをしているのかを旦那さんに伝えることで、キャバクラ通いをやめさせることができる可能性があります。

ただし、シンプルに嫌だからキャバクラに行かないで!と言ってもあまり効果はないです。少しひねって、「女の子に嫉妬しちゃうな」「若い女の子のほうが好きなんだね」というように、嫉妬していることを匂わせるような言葉で伝えましょう。

口うるさく罵声するよりも、あなたが好きだから焼いてしまうというニュアンスで伝えた方が、格段に効果が上がりますよ。

2.小遣いを下げる

旦那さんのキャバクラ通いをやめさせるために、キャバクラに行けない状況を作り出すという方法もあります。

キャバクラは、かなりのお金を使う場所です。そのため、旦那さんがキャバクラ通いをしているなら、お金を持ちすぎているということでもあります。そのため旦那の小遣いを減らせば、必然的に旦那さんはキャバクラに行けなくなるでしょう。

これを実行する際には、まず最初に旦那さんにキャバクラに行かないことを約束させる必要があります。「次行ったら小遣いを減らすからね!」と言えば、旦那さんも従うしかありません。

いきなり小遣いを減らすと喧嘩になってしまうので、そこはうまくやるようにしましょう。もし約束を破ってキャバクラに行ってしまえば、遠慮なくお小遣いを減らすことができますよ。

3.旦那のストレスを解消させる

そもそも、なぜキャバクラに行くのか?という原因を解消してあげる方法です。男性の多くは癒しやストレス解消を求めて、キャバクラに通います。キャバクラでは、普段うだつが上がらない男性でも、チヤホヤしてくれるので気分が良くなるのです。

普段、旦那さんはどのような状況でしょうか?いわゆる、かかあ天下の家ではありませんか?旦那さんに発言力もなく、ストレスのかかる毎日を送っていれば、キャバクラにはまってしまっても仕方ありません。

スポンサーリンク