大好きな人に彼女がいる・・。好きなのに好きと言えないもどかしさに、辛い思いをしている女性は多いですよね。

もちろん、結婚していれば話は別ですが、彼女がいるぐらいなら諦める必要はありません。別に誰のものと決まった訳ではないですからね。そこで今回は彼女がいる男性から略奪愛を成功させる方法を紹介します。

スポンサーリンク

まずは仲良くなる

略奪愛を成功させるために、急いではいけません。もちろん、好きで好きでしょうがないなら、「すぐにでも付き合いたい!」という気持ちはあるでしょう。しかし、そんな気持ちを抑えて、まずは仲良くなることから始めてください。

そうすることで、チャンスはいくらでも生まれます。そもそも、いきなりアクションを起こしたところで、彼女がいるなら警戒されてしまうのが関の山です。

また、上手くいっても関係が深まっていないのなら、結局それは略奪ではなく、ただの遊びなんてことにもなりかねません。せっかく略奪するのなら、略奪した後のことも考えておくといいですよ。

ただ、その際に注意しなくてはいけないのは、好意を出しすぎないこと。仲良くなるにも好意がバレバレでは、結局警戒されてしまいます。そのため、本人と仲良くなるというよりは、グループで仲良くなっておいた方が自然なのでおすすめです。

仲良くなってもチャンスが来るまで我慢

仲良くなったからといって、略奪を急いではいけません。仲良くなっているだけに、近くにいて辛いかもしれませんが、チャンスが来るまでグッと我慢してください。

ただ、チャンスが来るまで待つといっても、いつがチャンスなのかはいまいち分かりません。そのため、飲みにいくなど本音を聞き出しやすい機会を作るといいでしょう。そうすることで、「彼女との仲が今どうなのか?」を知ることができます。

略奪するなら、なるべく仲が悪い時に狙うのがいいに決まっています。焦ってしまい、変なタイミングで勝負しないように、チャンスをしっかり伺ってください。

とにかく同意する

仲良くなってからも、奪おうと焦ってはいけません。では、「何をすればいいの?」となってしまいますが、とにかく彼の言うことに同意をしておいてください。

  • 彼女のことを褒めていれば褒める
  • 彼女との悩み事に同意する
  • 彼の趣味趣向になるべく合わせる

このようにするといいでしょう。誰だって、同意してくれる相手を嫌と思うはずがありませんからね。彼女がそんなタイプでなければ、何もアクションを起こさなくても、こちらにきてくれることも・・。

もっとも、彼が彼女を褒めていれば、同意するのは辛いかもしれません。そのため、そんな時は、「○○君が素敵だから彼女さんも・・」と同意しつつも、彼を上げるなど工夫してください。同意するよりも気持ちが楽なのはもちろん、彼としても悪い気はしません。

彼女の悪口には同意しない

彼の言うことに同意するのは重要ですが、彼女の悪口だけは注意が必要です。人が恋人の悪口を言う時には、2つのパターンがあります。

スポンサーリンク