男性に優しくされてしまうと思わず、「この人は私のことが好きなのかも♡」と思ってしまいます。しかし、世の中には誰にでも優しくする男性が存在しますので、このようなことで惚れてしまうのはかなり危険です。

そのような男が存在することがわかれば、ある一つの疑問が浮かんできます。「何故、恋愛感情もないのに誰にでも優しくするのだろうか?」と。

そこで今回は誰にでも優しい男の心理と特徴を紹介していきたいと思います。優しい男の中にも様々なタイプが存在するため、しっかりと区別できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

1.優しい自分に酔っている

誰にでも優しい男性の中には、自分が人に優しさを与えることに酔っている方が存在します。簡単に言えば、自己満足ということです。人に優しくすることで、自分は優しい人間だという満足感を得ようとしているのです。

このような人は優しいという評価を受けたいわけではなく、自分がそれを納得できれば良いという人なので特に害はありません。しかし、女性としては勘違いしてしまいやすいので、そこだけは注意が必要です。

このような人の特徴は、男性にも優しいということです。女性全員に優しいのはもちろんですが、人から評価を受けたいわけではなく自分で納得したいだけなので、得することがない同姓に対しても優しさを振り撒きます。

2.とにかくモテたい

やはり優しい男性はモテます。女性は男性から特別扱いをされることをどこかで望んでいるため、優しさによって得られた特別感を恋心のように感じてしまうのです。そのことを十分に理解しているこのタイプは、とにかくモテたいがために誰にでも優しくしているのです。

このような男性は、女性を狙っている人というよりは、ただ単にモテたいだけの人です。簡単に言ってしまえば女の子にチヤホヤされたいのです。そのため脈がない女性に対しても優しくします。

特徴としては、よく共感をするということです。自分は女心が分かっているという自負があるので、「それわかる」と何でも共感して、うまく女性同士の会話に溶け込んできます。このタイプは心を許すと狼になることもありますので注意が必要です。

3.気が弱い

誰にでも優しくしているように見えても、実は優しくしているわけではない男性も存在します。それが気が弱い男です。

気が弱い男性は誰かに強く物事を言われると、すぐに自分から引いてしまいます。それは相手が女性であっても同様です。少し強い口調になってしまうと「その通りだね」と引きながら共感するので、女性はそれを優しい人だと勘違いしてしまうのです。

気が弱い男性の特徴は、すぐに人に謝るということです。「ごめん」「すいません」が口癖の人はこのタイプが多いのですが、特に下心があるわけではないので安心して良いでしょう。

4.全員を楽しませようとしている

例えば飲み会の席などで、あまり会話に入ることができず少し浮いていたら男性が声をかけてきてくれて、みんなの会話に入れるようにしてくれた。

たまに見る光景ですね。すごく優しい男性に思えますが、それが好意のもとで行った行動であるかどうかはまた別の話です。

スポンサーリンク