デートの前日ってワクワクして眠れませんよね。ただ、デートに慣れていない若い女の子の中には、大好きな彼とのデートで失敗しないか不安になってしまう方も少なくありません。

今回は、そんなデートに慣れていない大学生と高校生の女の子が知っておくべきデートの注意点を6つ紹介します。大好きな彼とのデートを成功させたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.身体の関係を急ぎ過ぎない

誘われると嬉しくなって、すぐに恋人関係になりたいと心が高揚してしまいませんか?もう、明日から私はこの人の彼女だわ♡と思って、はしゃいでしまう気持ちは分かりますが、少し冷静になってください。

気持ちが盛り上がっているカップルなら、それもありかと思ってしまうかもしれませんが、若いうちはお互い恋に恋しがちなものです。あとで「こんなはずじゃなかった・・」とならないように、初回のデートではお泊りは避けてください。恋は一瞬で芽生えるかもしれませんが、関係はゆっくり育むものだということを忘れないでください。

2.緊張しすぎて楽しめない気持ちは伝染する

これは先程紹介したことの反対の例。人間というのは不思議なもので、自分の心は相手に伝わります。こちらが緊張していると向こうも緊張するものなのです。

憧れの彼との初デートなら、緊張するなという方が無理でしょう。しかし、緊張して楽しめていないあなたの心は、相手の男性にも伝染してしまうものです。

彼に「あんまり盛り上がらなかったし、やっぱり誘うんじゃなかった」と思われないためにも、あなた自身が楽しむことが重要なのです。彼だって、あなたと一緒にいたいからデートに来ているのです。そう考えれば、少しは楽になりませんか?

3.期待しすぎない

デートというものは、こういうものだ!という固定概念がありませんか?女子なら誰だって憧れのデートプランを一度は妄想したことがあるはずです。

映画を見て、ステキなレストランに夜景のきれいな場所でロマンチックな時間を過ごして、最後にはキス。そんな理想のかたちがあって、彼はそれをやってくれる♡と期待していませんか?それは相手にもハードルが高いでしょう。

もし彼にもデートの経験がほとんどなければ、ここでキスしていいのか?拒まれないか?ちゃんと楽しんでいるのか?と不安になっているのですから。

デートの相手が同世代の男性なら、過度な期待は禁物です。一緒にデートを作っていくというような気持ちで楽しみましょう。

4.駆け引きよりも素直さを

恋に駆け引きは付き物です。だけど一番相手がぐっとくるのは、あなたの素直な愛情表現です。女性は、愛されたいと思うと多少駆け引き的な行動をとってしまいますし、それが有効なこともあります。しかし、その根底にあるのが素直さでなければなりません。

相手に素直になってほしかったら、自分も素直になりましょう。寂しいと思ったら相手を責めるのではなく、あるいは無理に時間や距離をおいて相手の反応を見たりするのではなく、寂しいという気持ちを伝えましょう。

デート中にあれこれ駆け引きしようとする女性を、男性は嫌います。素直な気持ちで楽しめばいいのです。それで十分なのです。

スポンサーリンク