無理に結婚生活を続けても辛いだけですから、一度旦那と別れたいと思ったら、いっそのこと離婚してしまうのも一つの選択です。しかし、勢いで離婚してしまうと、その後の生活で苦労してしまうことも・・。

離婚は結婚よりも体力を使うとよく言われるように、思った以上に大変なものです。しっかり準備をしておかないといけません。特に専業主婦が離婚しようとすると、何かと問題が出てきます。そこで今回は専業主婦が離婚するために準備することを紹介します。

スポンサーリンク

離婚するとどのぐらいお金が掛かるか計算する

離婚したいなら、何と言ってもまずはお金が必要になってきます。よっぽど実家がお金持ちなら話は別ですが、多くの女性がこの問題から離婚に踏み出せません。

そのため、むしろここさえクリアできれば、離婚するに当たって、そう心配する必要はありません。では一体どのぐらいお金がかかるのでしょう。

  • 転居するための費用
  • 新しく生活するために家電や車の購入費用
  • 離婚裁判になる場合は弁護士費用

もちろん、これには状況によって個人差があります。すんなり離婚が決まり、旦那が出て行ってくれれば大して費用がかかりません。しかし、こちらから離婚したいのですから、そんなラッキーなケースは稀です。

また、上記のものはあくまでも離婚するための費用です。当然離婚が成立してからも、生活費や子育ての費用がかかります。まずはそれらを全て計算してやっていけるか考えてください。

収入を作りお金を貯める

どのぐらいお金が必要か分かったところで、次は実際にお金を貯めなくてはいけません。へそくりがあれば理想ですが、お金はいくらあっても困ることはないので、貯金があっても定期的な収入を作ってください。

もちろん、いきなり高収入の正社員になれればそれに越したことはありませんが、看護師など特殊な資格を持っていない限りそう簡単にはいきません。

そのため、パートでもいいのでとにかく収入を作ってください。自分の理想とするお金が貯まるのには時間がかかりますが、何もやらないよりはマシです。また、専業主婦を長くやっていると、働く不安も生まれていますよね?そんな不安の解消にもなります。

もらえるお金を期待しすぎない

離婚すると旦那からお金がもらえることがあります。しかし、それを期待しすぎてしまうと入ってこない時に困ってしまいます。そのため、あまり期待しない方が無難です。

  • 慰謝料
  • 養育費

これらは離婚の際によく目にすることですね。しかし、慰謝料は相手に過失があった場合に発生するもので、特に問題なければ発生しません。

養育費に関しては、子供がいれば発生しますが、相手がきちんと払ってくれる保証はどこにもなく、実際払ってくれなくて泣き寝入りなんてことも珍しくありません。

スポンサーリンク