男性と女性では、怒るポイントがまったく違います。そのこともあり男性は女性の心が、女性は男性の心が理解できず、すれ違いが発生してしまうのです。

しかし、そのすれ違いを放置しておけば、すぐに離婚という結末に至ってしまいます。そのため女性も頑なにならず、男性の心を理解しようとする気持ちを持つ事が大切になってきます。

そこで今回は、男が妻と離婚したいと思うときを6つ紹介していきたいと思います。男性の価値観を知りたい既婚者女性は必見です。

スポンサーリンク

1.原因不明の不機嫌

旦那さんにとって奥さんの一番ストレスがかかる行動といえば、なぜか突然不機嫌になるということです。女性自身にもなぜそうなるかはわかりませんが、女という生物はなぜか突然、機嫌が悪くなる時があります。

妙にイライラしてしまい、日常の光景にも関わらず、旦那さんの一つ一つの行動が勘にさわって怒りをぶちまけたくなるのです。そのような女性の奇行は、男性からすれば突然の災難と同じことです。不快に感じてしまっても仕方ありません。

特に男性は、論理的に物事を考える生物です。何か原因があるのであればまだしも、理由も無い怒りというものは『妻の理不尽な行い』として目に映ってしまうのです。

機嫌が悪いときは誰にでもあるものですが、それをそのまま旦那さんにぶつければ気分が悪くなるのは当然です。心当たりがある方は注意しましょう。

2.食事を作らない

旦那さんが仕事を終え、疲れた体を引きずりながら何とか帰宅したにも関わらず、食事が用意されていない。このようなことが何度も起きてしまうと、旦那さんはこの人と結婚するべきじゃなかったと思って離婚を考えるようになります。

夫婦共働きであればそのようなことがあっても、旦那さんは何も思わないでしょう。しかし、専業主婦がこのようなことをしてしまうと、旦那さんは大きな不満を感じてしまいます。

もちろん、専業主婦といっても旦那の家政婦ではないので、たまにはそのようなことがあっても良いでしょう。ただ、それが毎日のように繰り返されると、「いったい家で何をやっているんだ?」と旦那さんは憤ってしまいます。

また、子供のご飯は作るのに旦那さんのご飯を作らない、という人もいます。愛情の差が出てくるのは理解できますが、明らかな差別は旦那さんも不満に思うでしょう。せめてご飯くらいは作ってあげるようにしましょう。

3.両親との仲が悪い

嫁姑問題はいつの世でも起こることですが、自分の妻がそのような問題を抱えていると、旦那さんは「離婚したい」と思うようになります。

嫁姑問題が発生すると、姑と奥さんの両方が旦那さんに愚痴をこぼす事になります。旦那さんとしてはどちらも大切な存在のため、どちらを怒ることもできません。

結局は板ばさみの状態になり、ストレスをずっと抱え続ける事になります。そして、そのストレスから解放されたいという思いが、離婚したいという結論にたどり着いてしまうのです。

スポンサーリンク