どうやって甘えていいのかわからない・・。甘えているのに彼が受け止めてくれない!すぐ喧嘩になってしまう・・。このような悩みを持っている女性は少なくありません。あなたは大丈夫ですか?

そんな悩める女性のために、今回は甘え方がわからない女性がやりがちな失敗を5つ紹介します。客観的に自分を見つめてみて、心当たりがある方は改善方法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.尽くしすぎて不満を爆発させる

母性の強い女性の中には、好きな人のためにと自分の能力以上に頑張りすぎてしまうことがあります。料理や掃除など何でもやってあげていると、次第に疲れが溜まって不満が爆発してしまうことがあります。

これは「こんなに尽くしてるんだから、何か見返りをちょうだいよ!」という間違った甘えの気持ちの裏返しなのです。

このタイプの女性は、「いつもよりちょっと味付け濃くない?」程度の彼の言葉も、批判に聞こえてしまいます。最悪の場合、それまで我慢していた不満が大爆発してケンカになってしまうことも。

これは結婚している夫婦喧嘩の原因の代表例です。結婚しているならまだしも、これが恋人関係なら「勝手に世話焼いといて、いきなりブチ切れるなよ!」というのが彼の本音でしょう。

そのお怒りはごもっとも。彼女は彼女であって、彼氏のお母さんではありません。何事もほどほどが一番です。自分が甘えるために彼を過度に甘やかすのは、甘え方がわからない女の典型的な失敗です。

2.愚痴を言わない=いい彼女or奥さんと思って、弱音を吐かない

常にグチグチ、口を開けば不満や愚痴ばかり垂れ流す・・。そんな女性には男性もうんざりですが、あまりにも不満や愚痴がなさすぎる女性も問題ですよ。

言いたいことを我慢し過ぎてストレスが溜まれば、身体や精神が不安定になってしまうもの。それが原因で本格的に体調を崩してしまったら、一番心配するのは身近にいる人ではありませんか?

過ぎた愚痴は毒にしかなりませんが、「ちょっと疲れちゃったな」と、自分でも思わずため息が出てしまうくらい疲れてしまった時に、ぽろっとこぼす小さな愚痴は迷惑にはなりません。

むしろ、いつもにこにこ明るい人が弱気になっている時には、周りもかえって「いつもと違うなあ、どうしたんだろう。何かあったのかな?」と心配になるものですよ。

甘えきって依存することと、ちょっとした弱音を吐くことは違います。甘え方がわからない女性は、一人でなんでも抱え込んでしまいます。最終的に体を壊したり精神的に病んでしまう前に、彼の前で弱音を吐きましょう。

3.甘え方の加減が分からないのも考えもの

彼氏や夫は、自分の親ではありません。あくまでも一個人であり、彼らそれぞれの悩みや苦しみを抱えているものです。

権利を行使したいのであれば、義務も果たさなければならないのが社会人の常識です。彼女や妻の立場になるということは、際限なく甘えていいという免罪符にはなりません。

スポンサーリンク