どこにでも馴れ馴れしい女性はいます。男性はそんな女性のことを「彼女ヅラしてうざい」と感じています。周りの女性も、その光景を見てドン引きしていますよ。あなたはそんな勘違い女になっていませんか?

そこで今回は、男性が「彼女ヅラしてうざい・・」と思う瞬間を9つ紹介します。あなたは何個心当たりがありますか?

スポンサーリンク

1.知ったかぶる

ただの女友達が他の人たちに、自分の事をなんでも知っているような口ぶりで話をされると、男性はたいていうざいと思います。なぜなら、男性は「彼女でもないくせに俺の何を知ってるの?」と思うからです。

男性はどんなに仲が良かったとしても、自分の全てを女友達にはさらけ出しません。それは男のプライドがあるからです。しかし、彼女の前では別です。男性は彼女の前だと他人には見せない一面を見せるのです。

それにもかかわらず、あまりにも自分の事を知っているかのように話されると、「馴れ馴れしく俺の事を話すんじゃねぇ」とイラッとされてしまいます。

2.ベタベタする

男性は女性にボディタッチをする事が好きですが、その逆に女性からあまりベタベタされるのは好きではありません。これは女友達に限った事ではなく、中には彼女であったとしても外でイチャイチャされるのを嫌う男性も少なからずいます。

ですから彼女でもない女友達にベタベタされると余計にイラッとしてしまいます。なれなれしく腕を掴んだり、髪の毛に触れてみたりするのはやめましょう。調子に乗って、外国人的なノリで抱きつきでもしたら大惨事になってしまいます。

あまりしつこく触れ過ぎると、「彼女でもないのに触るな!」とうざがられてしまいます。ボディタッチは、軽く肩を触るぐらいがちょうど良いでしょう。

3.わがままを言う

男性は好きな女の子のわがままには弱いです。例えそのわがままが自分にとっては嫌だったり面倒だったりしたとしても、かわいい彼女のためなら、なんだかんだ言って言う事を聞いてしまいます。

それこそが彼女の特権であり、男性は彼女だからわがままを許せるのです。それにも関わらず、女友達の分際で男性にわがままを言うと、相当嫌がられてしまいます。「彼女でもないのに、俺にわがまま言うんじゃねぇ」とイラッとされてしまうでしょう。

4.やきもちをやく

男性はやきもちをやかれるのがあまり好きではありません。しかし、彼女がやきもちをやいたら、それはそれで可愛いかなとグッと堪えることができます。しかし、女友達の場合は別です。

「あの子と仲良くしないでよ」とやきもちをやくと「お前は俺のなんなの?彼女じゃないだろ?」と怒られるうえに、相当面倒くさがられます。最悪、面倒くさくなりすぎて距離を置かれてしまう場合もあります。

男性はめんどくさい女性は嫌いだということを覚えておいてください。

5.束縛する

男性は縛られるのが嫌いです。もし束縛するのが彼女であったとしても、縛られるのが嫌いな人は嫌なのです。それなのに女友達がやたらと束縛してきたら、男性は「なんなのお前?」と言いたくなって当然です。

スポンサーリンク