遠距離恋愛をしていると様々な困難にぶち当たります。「もう嫌だ!」と感情が爆発してしまうこともあるでしょう。あなたもそんな経験ありませんか?

今回は遠距離恋愛中に「疲れた・・別れたい・・」と思う瞬間を7つ紹介します。あなたの心当たりがあるものはありますか?

スポンサーリンク

1.連絡がなかなか取れない時

遠距離恋愛で二人を繋げているのは、電話やメールLINEといった連絡です。お互いに何をしているのか、今何を考えているのかを把握するためには、この連絡が必須となることでしょう。しかし、時間が合わなかったり、忙しさが邪魔をして連絡すら取れなくなってしまうことが多くなると、遠距離の辛さを実感してしまいますよね。

「この時間なら連絡取れるはずなのに・・。仕事が忙しいのかな?」と思いながらも、何度も連絡がつかない状況が続くと次第に不安や心配が増えていき、その辛さに別れを意識してしまうこともあります。すぐに会いに行けないからこそ、連絡はきちんと取り合える環境にしておきたいと思うのが女性の本音でしょう。

2.落ち込んだり悩んでいるのに、そばにいない時

一人で抱えるには大きい悩みや落ち込みが激しい時、やっぱり近くに彼氏という存在がいて欲しいもの。彼氏に何をしてもらいたいという訳ではなく、ただ近くにいてもらいたいと思う女性にとって、このようなときは遠距離恋愛が非常に辛く感じるものです。

理由があって遠距離になっているとはいえ、やはり頼りたい時に近くにいてくれない彼氏って何なの?と思ってしまう方は少なくないでしょう。彼氏のことが嫌いになったわけではないけど、遠距離恋愛に疲れを感じて近くに支えてくれる男性を求めてしまうことも珍しいことではありません。

3.会いに行くために貯金が減ってしまうこと

かなりの距離の遠距離恋愛の場合、一度会いに行くだけでも相当な旅費がかかってしまいます。移動には新幹線や飛行機といった手段を用いるため、前もって予約をしていながらも急な出費と重なると結構地味に響くものです。

会いたいと急に思った時でも、会いに行くためにはそれなりにお金がかかってしまうという現実・・。生活に余裕がなかったり、そのために貯金を強いられている女性にとっては、恋愛と金銭を天秤にかけてしまうことでしょう。

毎日コツコツ貯めたお金が一度会いに行くだけでなくなってしまう。そんな現実をよくよく考えてみると、なんだかバカらしいなと疲れを感じてしまうこともあるのです。

4.嘘をつかれているのではないか?と不安を感じる時

遠距離恋愛での最大の悩みと言えば、相手が何をしているか実際には分からない為に起きてしまう不安感ですよね。すぐには会いに行けない距離で、どう嘘をつかれているのか判断しにくい状況になると、女性は不安で押しつぶされそうになってしまいます。

彼氏が浮気をしているかもしれないと思ったとしても、状況を確認することができません。証拠を見つけることができないため、強く問いただすこともできないでしょう。こういった不安の日々が続くことで、好きという想い以上に不安感が強くなってしまいます。そうなれば、自然と別れを考えてしまうでしょう。

5.いつも自分だけになっている時

連絡することも、会いに行くことも、いつも自分ばかりが行動していると気付いた瞬間に、疲れたと感じて別れを意識することもあります。

男性はそれほど器用ではなく、自分の行動に集中しがちなため、遠距離恋愛になると女性ばかりが行動している傾向があります。これによって自分ばかりが恋愛に集中しているかのような意識が芽生えたり、自分ばかりが必死になっているような感覚になり、疲れたと感じてしまうのです。

スポンサーリンク