好きになって付き合い始めた彼氏なのに、いつの間にか他の男性にも気がいってしまい、気が付けば二股していたなんてことがありませんか?

二人に悪いと思う気持ちから、何とか一人に絞らなければいけないと分かっていても、なかなか選ぶことはできませんよね。今回はそんな二股で選べないと悩んでいる女性に向けて、選べない女を卒業するための決断方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.二人とも別れる

二人の人を好きになり、二人と付き合ってしまった・・。そのような女性は、本当はどちらの彼のことも心から好きではないでしょう。

自分が寂しいから、彼と一緒にいられないときだけそばにいてくれる男性が必要になり、好きだと勘違いしているのです。二股をしていてどちらも選べないのは、どちらも本当に好きではないからです。

きっとこの先、もっと素敵な男性が現れたら、あなたの気持ちはすぐにその彼に移ってしまいます。本当に心から好きだと想える人と付き合わなければ、本当の幸せを感じることはできません。

二股で選べないと悩んでいるときには、どちらの彼とも別れることです。そうすることで、また新しい出会いを探すことができます。

彼氏がいては他の男性も声を掛けようとは思いません。しかし、フリーだと分かると声を掛けてもらえるチャンスも出てきます。自分を身軽な状態にしておくほうが、新しい彼氏を探すのに有利ですよ。

2.どちらといたいか?ではなく、どちらがいなくなると耐えられないか?考える

「それでもやっぱり別れられない、どちらの彼も好きだ」と感じてしまうことがあるかもしれません。二股で選べない、というのはどちらの彼にもそれぞれ違った一面があり、どちらも魅力的だと感じているのです。

そんな時には、それぞれの彼のいいところ、素敵だなと思うところを思いつく限り書き出してみましょう。文字にして書き出すことで、頭で考えるだけでは見えなかったことが見えてきます。自分の本当の気持ちにも気づくことができます。

そして、もし今失うことになったらと考えると、耐えられないと感じるほうの彼を選ぶのです。二人がいつもそばにいてくれると思っているときには分からなかった気持ちが、「いなくなると困る、つらい」と考えることで分かり、答えも自ずと出てきます。

二股している自分に罪悪感を感じて苦しくなっているのなら、一刻も早く一人に絞るべきです。いなくなると耐えられないと感じる彼を失わないように決断は早いほうがいいですよ。

3.付き合う彼の内面を好きになること

好きになるのに本来理屈は必要ありません。気持ちが素敵だな、好きだな、と傾くほうの彼と一緒にいることが幸せなのです。しかし、そうだと分かっていても、どうしても条件や頭で考えた理屈で好きだと思い込んでしまうことがあります。

家柄がいいから、職業がいいから、と彼本来の性格や人柄といった内面を見るのではなく、外面で好きだと判断してしまうのです。そうすると、もっといい条件の男性が現れたら気持ちがそちらへ移ってしまいます。

条件で人を好きになると、もっといい男性がいるのではないか?と常に探している状態になってしまうのです。そして重なって付き合うことになり、これでは二股から一向に抜け出すことができません。

スポンサーリンク