大好きな彼氏があまり自分に興味がない気がして不安というあなた。どうにかして自分に興味を持ってもらいたいですよね。

興味を持ってもらうために良いスパイスとなるのが、彼氏に嫉妬をしてもらうということです。ではどのようにしたら彼氏は嫉妬してくれるのでしょうか?

今回は気持ちを向かせるために彼氏を嫉妬させる方法を9つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.彼氏がいるのに気付かないふりをして他の男性と話す

まずは王道ともいえる作戦ですが、ストレートで一番嫉妬させることのできる方法です。彼氏がいるのに気付かないふりをして、他の男性と楽しそうに会話をしましょう。飛び切りの笑顔で笑いながら話しているのを見ると、彼氏は良い気はしないでしょう。

なんだかモヤモヤして、急に自分の彼女を独り占めしたくなります。男性は独占欲が強いので急に自分以外の男性にあなたを取られてしまう気がして、独占したくなるのです。その独占欲を逆手にとって行動してみましょう。

この方法の注意点は二つあります。一つは彼氏の存在に気付いた上で他の男性と話していると、嫉妬させたいのかなとバレてしまうこともあります。そうなると嫉妬ではなく、嫌な気持ちになるでしょう。

もう一つは仲良く話し過ぎてしまうと嫉妬を通り越して怒らせてしまうことになるので気をつけましょう。

2.彼氏の前で他の男性を褒める

どんな男性でも彼女にとっての1番でいたいと思うのは当たり前です。そのため、彼女であるあなたが他の男性のことを褒めたら良い気はしないでしょう。

それと同時に自分も褒められたい、負けてはいられないという闘争心が出てきます。あなたを他の男にとられたくないという嫉妬心も芽生えるでしょう。

  • 「○○君って料理が上手で毎日手作りのお弁当持ってきているんだよ。凄いよね。」
  • 「○○君は毎日5キロも走っているから筋肉がモリモリでたくましいよね。」
  • 「皆でカラオケに行ったら、○○君の歌が上手すぎて涙が出ちゃったよ。」

このような内容を彼氏に伝えてみましょう。ここで気を付けるポイントは、彼氏のコンプレックスを刺激しないことです。

例えば背が低いのを気にしている彼氏に「○○君は背が高くて、足も長いよね。」というはNGです。嫉妬するどころか、怒らせたり悲しませたりしてしまうので気をつけましょう。

3.スカウトやナンパされた話をする

  • 「今日歩いていたら、急に知らない人にお茶に誘われて怖かった。」
  • 「買い物していたら、雑誌の読者モデルにスカウトされて嬉しかった。」

このような内容の話をしてみましょう。自分の彼女は放っておくと人気が出てしまうのか・・?と思わせることが大切です。そう思わせることができればあなたに興味を持って、もっと大切にしてくれるはずです。

スポンサーリンク