彼氏との遠距離恋愛がだいぶ長くなってきたけど、一向にプロポーズしてもらえる気配がない・・。そんな悩みを抱えている女性は少なくありません。あなたも悩んでいませんか?

そんな女性のために、今回は遠距離恋愛からの結婚のタイミングを8つ紹介します。遠距離恋愛中の彼氏と早くゴールインしたい方必見です。

スポンサーリンク

1.縁もゆかりもない土地に彼女が住めそうだと思った

縁もゆかりもない土地に彼女が住めそうだと思ったタイミングです。遠距離恋愛の場合、彼氏の住んでいる場所に引っ越すことでしょう。

彼女が都会から田舎に引っ越しをしてしまう場合、電車に慣れている彼女が自動車で運転できるのか、田んぼしかない町で住んでいけるのかを考えるでしょう。

また、実家から離れたことがない彼女が両親や親戚、友達もいない土地でやっていけるのかを彼氏は考えているでしょう。お付き合いをして、彼氏の住んでいる場所に引っ越しても大丈夫だと安心したタイミングで結婚の話をすることでしょう。

2.彼氏が仕事を辞めても経済的に自信ができた

彼氏が仕事を辞めても経済的に自信ができたタイミングです。遠距離恋愛の場合、彼女が仕事を辞めなければいけないことが多いでしょう。

結婚してから働くとしても、新しい場所で彼女が仕事を見つけることができるのかわからなかったり、子供ができたら育児で無収入になってしまいます。

男性はそんな彼女を家族として養っていける自信がついたときに結婚をしようと決意するでしょう。具体的には、昇進したときや転職して給料がアップしたなど経済的に自信ができたときです。

彼女を養いたいという彼氏の思いからのプロポーズなら、仕事を辞めて彼氏と結婚しようと決意できるでしょう。

3.彼女から別れようと言われた

長年付き合って、彼女から別れようと言われたタイミングです。彼女が長年付き合っていて年齢もいい年になって、「このまま付き合っていても結婚しないなら別れて新しい人を探した方がいい・・」と思った時に、彼氏に別れを告げることは少なくありません。

その時に、いつか結婚しようと思っていたけれど、そのいつが定まらない彼氏が結婚をしようと焦ってプロポーズする傾向があります。女性が男性の重い腰を上げさせた時が結婚のタイミングになった。そのような夫婦は意外と多いです。

4.お互い30歳の年齢に近くなった

お互い30歳の年齢に近くなったタイミングです。遠距離は、お互いの事を知るのにもデートするにも時間も費用もかかります。すでにお互いの事をきちんと知っているなら、デートする費用を結婚生活に使いたいと思い始めます。

また、彼氏の場合は友達もちらほら結婚し始める時期です。自分もそろそろ結婚したいと思ったり、責任を背負う覚悟ができ始める時期なのです。

そして彼女も出産のことを考える時期です。区切りの良い30歳までに結婚するという漠然とした考えを持っている場合、遠距離恋愛中だと実行に移そうと行動しやすいのです。

スポンサーリンク