結婚式の二次会に誘われてるけど、行きたくない時ってありますよね。ただ、行きたくないからといって失礼な断り方をしてしまうと、その後関係が崩れてしまうことも・・。

そうならないために、しっかりとした断り方をしなくてはいけません。そこで今回は結婚式の二次会の上手な断り方を紹介します。

スポンサーリンク

断る理由は一番それらしいものを

結婚式の二次会を断る際に悩むのが、どんな理由で断ればいいかですよね。ただ、あまり断る理由について悩む必要はありません。あまりにも変な理由で断るのはいけませんが、基本的には一番それらしいものを選べばいいだけです。

  • 仕事の都合で
  • 親戚の結婚式がある
  • 旅行に行っている

早い段階で誘われている場合は注意が必要ですが、このように断る理由はなんでもいいです。新郎新婦は結婚式前で忙しいので、別に断ったからといって、深く詮索することはまずありません。

むしろ、断った後の方が注意が必要です。どんな理由だろうと嘘がバレては、全てが水の泡になってしまいます。嘘を考えるよりも、守り通すことに意識を注いでください。

新郎新婦が知りたいのは・・

先ほど紹介したように、断る理由がなんでもいいのには訳があります。それは新郎新婦が知りたいのは二次会の人数であって、誰にどんな用事があるのかではないからです。

二次会の幹事をやったことがある人は分かるでしょうが、二次会は会場探しから色んな予算の都合など、人数を早く確定させたい事情があります。

このような事情があるから、断る理由はどうでもいいのです。嘘を付く際には、信憑性を持たせるために説明しすぎてしまうことがありますが、お互いにいいことはないので、無難な言い訳を手短に説明してください。

断る際はなるべく早く

上記の理由から断る際は、なるべく早くが鉄則です。もちろん、誘いを断るのは気分がいいものではありません。できれば後回しにしたい気持ちも分かります。

しかし、断るのですから、せめて迷惑だけはかけないようにしないといけません。くれぐれも、期限ギリギリになってしまわないように注意してください。

急に断ることになったら?

始めは出席しようと思っていたけど、急な用事で行けなくなってしまうこともありますよね。そんな時は、急いで断りの連絡をしてください。これはもう早ければ早いほどいいです。会場によってはキャンセルが利かないこともありますが、当日じゃなければ間に合うでしょう。

もっとも、お金の問題だけではないので、この場合はしっかり理由を説明した方がいいでしょう。

スポンサーリンク