遠距離恋愛中でなかなか彼と会う事ができない時。寂しい気持ちを埋めてくれる必須アイテムといえば、やはりメールやLINEですよね。お互い忙しい時でもメールやLINEを送り合うことで、相手の気持ちを確認して安心することができます。

そこで今回は彼との遠距離恋愛を盛り上げるためのメールテクニックを8つ紹介していきます。是非、遠く離れた彼に送ってみてください。

スポンサーリンク

1.次に会った時の計画をする

これは次に会うのが楽しみになるようなメールの内容を送るという事です。会えない二人が楽しみにしている事は、次に会える日ですね。それが1ヶ月先なのか3ヶ月先なのか・・それはわかりませんが、その日を指折り数えて待ちわびることでしょう。

会える日の事を考えて、その日までにより気持ちを高めておくと会えない日も寂しくないでしょう。恋人と会う事を楽しみにしながら過ごす遠距離恋愛はきっと盛り上がるはずです。

  • 来月のデートは暖かくなりそうだからお弁当作ってピクニックしようね
  • 次に会う時は○○君の誕生日だから、私が良い所に連れていってあげるね
  • ○○君の好きな映画が公開されるから次のデートは映画を観に行こうね

このような計画をしてメールを送ると、彼も次のデートまでワクワクして過ごしてくれるはずです。

2.新しい○○

何か状況が変わったり新しい物を買った時には、それを彼にメールで伝えましょう。会えない分、彼はメールであなたの事を想像してくれるはずです。

  • 今日新しい洋服買ったの。次着ていくね
  • 昨日美容院で髪の毛10センチも切ったよ
  • 思い切って高い下着を新しく買ってしまった。お楽しみに!笑

このようなメールを送れば、きっとあなたの事を想像して会いたい気持ちになるでしょう。そして会うまでの時間もワクワクしてくれるはずです。直接会えないからこそ、お互いの事を想像して想いあう事ができるのです。

3.写真を添付する

メールをする上で欠かせないのは写真です。会えないからこそ写真で近況を報告しましょう。写真付きのメールをもらえば、彼は一層あなたを近くに感じる事ができて嬉しいはずです。

  • 今日は桜が満開だったよ。凄く綺麗だったから写真送るね
  • 頑張って夕ご飯作りました。美味しそうでしょ?
  • 今日は久しぶりにポニーテールにしたよ。似合ってる?

自分が見て素敵だと思ったから、あなたにも見てほしいという内容のメールは特に良いでしょう。またあなた自身の写真も離れている彼には嬉しいものです。自撮りなんて恥ずかしいと思わずに、たまには彼に自分の姿も送ってあげると喜ばれますよ。

ただし毎日自撮り写真ばかり送っていると彼も飽きてしまいます。自分の写真はたまに送るくらいにしておきましょう。

スポンサーリンク