いきなり下の名前を呼び捨てにする男性っていますよね。そんなとき、「もしかして私のこと好き?」と意識してしまったり、かと思えばそうでもなかったり・・。彼らはいったい何を考えているのでしょうか?

そこで今回は、下の名前を呼び捨てにする男性心理を7つ紹介します。男性の本音を知りたい方必見です。

スポンサーリンク

1.最高の親しみを感じ、心を許している

女性に対して、下の名前を呼び捨てにする男性心理の1つ目は、「親近感」です。これは、二人が恋愛関係になくても、男性が抱くことのある心理です。

たとえば職場や学校で交際していない男性から下の名前を呼ばれているなら、その彼はあなたに対して最高レベルの親しみを感じていると考えていいでしょう。

親しみを感じた上で心を許し、さらに遠慮のない関係になっていると思うからこそ、女性をファーストネームを呼び捨てにできるのです。少しでも遠慮があればできませんからね。

この心理は恋愛関係にある場合も同じです。付き合い始めたばかりで彼女に対して少しでも遠慮があれば、なかなか下の名前を呼び捨てにはできません。

完全に心を許していて最高の親近感を持っている場合に限って、「ファーストネームの呼び捨て」という行動を取るのです。

2.ペット的なかわいさを感じている

これは自己中心的でやや無神経な男性に多くみられる心理なのですが、相手の女性に対して「ペット的なかわいさ」を感じているというケースも少なくありません。

前項同様、この心理も恋愛関係限定ではありません。あるコミュニティの中で近くにいる関係で、人懐っこいペットのように感じてしまうと、彼氏彼女の関係でもないのに平気で名前を呼び捨てにする男性がいるのです。

こういう心理を抱く男性は、無意識のうちに女性を下に見る傾向があります。相手女性をペットと同等かそれに近い感覚で見たり接したりしているのですから、あなたが恋愛感情を抱いているなら、注意したほうがいいタイプの男性といえるでしょう。

ただし、本人にはまったく悪気がありません。ただ単に無神経なだけなのです。

3.「君は特別な存在」というアピール

ここからは恋愛関係にある場合限定で、彼女を下の名前で呼び捨てにする男性心理について説明していきましょう。

まず挙げられるのが「君は自分にとって特別な存在」というアピールです。ファーストネームを呼び捨てにするというのは、同性の友人どうしでは当たり前ですが、異性の友人ではそうではないですよね。

異性に対して下の名前を呼び捨てにするというのは、そこに特別な意味がある場合がほとんどです。

スポンサーリンク