何か相談された時に、いきなり文系男子の意見を否定して合理性だけを重視した返答をすると、「そんなことは分かってる!そういうことが言いたいんじゃない!この人は自分の気持ちを何も分かってくれていない!」とむくれてしまいます。

どんな内容の相談で会っても、まずは文系男子の意見に共感して寄り添ってあげることが大切です。そうすることで文系男子は、「この人は自分のことを分かってくれている」と好感を持ちます。

文系男子に何か提案をするなら、一方的に自分の意見を言うのではなく「二人で一緒に考えよう」という姿勢をみせることが大切です。

スポンサーリンク

4.会う時のシチュエーションを大切に

文系男子とのデートでは、シチュエーションがすごく大切です。お洒落なものが大好きな文系男子には、デートスポットもおしゃれな場所や人気のある場所を選びましょう。

映画館や美術館などの感性を刺激する場所も大好きですし、水族館や展望台などのゆったりと2人で語ることができて景色の良い場所も喜ばれます。

飲み物の値段が高いけど、おしゃれなカフェや居酒屋に行くのもおすすめです。そういうお店に行くことを嫌がらないのも文系男子の良いところです。

理系男子が相手だと「この量でこの値段なんて、コストパフォーマンスが悪い!」などと突っ込みが入ってしまいそうなお店でも、にこにこしながら付き合ってくれて楽しいですよ。

5.サプライズが大好き

文系男子はとにかくドラマチックな展開が大好きです。そのため文系男子にプレゼントをあげるときは、事前に欲しいものを聞くのではなくて、サプライズでこっそりあげるとものすごく感激してくれます。

理系男子だと「自分の欲しいものをもらえたら喜ぶ」傾向がありますが、文系男子は「サプライズでプレゼントをしてくれたその事実が嬉しい」「自分のために一生懸命考えてくれたんだね」ということを重視します。

物より感情面を重視するのが文系男子の特徴です。これはプレゼントをあげる側としてはありがたい考え方ですね。彼の誕生日にちょっとしたサプライズを実行すれば、あなたのことを意識するようになるのですから。

6.相手の趣味を理解してあげること

理系男子が「自分さえ楽しければ、誰かに理解してもらえなくても満足」という傾向があるのに対して、文系男子は「自分の趣味に共感してもらえること」「誰かと一緒に自分の趣味を楽しむこと」に喜びを感じる傾向が強いです。

そのため、趣味に対して理解を示してあげると喜ぶだけでなく、理解してくれた女性に対して好感を持ちます。文系男子は繊細でロマンチストな面がありますから、一見変わった趣味であったとしても絶対に否定しないことが大切です。

7.彼のノリに合わせること

お互いに価値観が違うことを楽しむよりは、自分と感性が合うことを重視するのが文系男子です。文系男子に好感を持ってもらうためには、彼の会話するテンポ感やノリをしっかりつかんでコミュニケーションをとることが大切です。

スポンサーリンク