旦那に浮気されて離婚すべきかどうか悩んでいる女性はたくさんいると思います。子供がいると、どうしても思いとどまってしまいますよね?

「子供のために離婚は避けたい・・。でも、旦那の浮気は許せない!」そんな女性のために、旦那に浮気されて離婚するべきか決断するためのポイントを5つ紹介します。

スポンサーリンク

1.子供のこと

あなたのお子さんは何歳でしょうか?子供の年齢で離婚を考える人は大変多いです。

  • 子供が二十歳になるまでは離婚しない
  • 結婚式で片親では肩身の狭い思いをさせるかもしれないので、子供が結婚するまでは離婚しない

このように子供がまだ小さいからといって離婚を思いとどまると、子供にとってどんな影響があるでしょうか?

どんなに仲が悪い親でも二人揃っているほうがいいと考えるのか、目の前で喧嘩が絶えないような親ならいないほうがいいと考えるのか、子供にとってどう選択することが一番いいのかは誰にもわかりません。

あなたができることは、まずは子供の気持ちになって考えてみることです。旦那の浮気は許せるものではありませんが、「即離婚だ!」と切り捨てたい気持ちをグッと我慢して、冷静になって子供のことを考えてみましょう。

二度と浮気しないと約束できるのであれば、子供のために離婚を思いとどまることが子供の幸せには良いケースもあります。ただし、不貞を繰り返す旦那を見ながら成長しなければいけない子供のことを考えて、別の手段も想定しておきましょう。

2.お金のこと

生活していくためにはお金が必要です。子供を育てていくのにも、たくさんのお金がかかります。離婚してしまったら、たちまちお金のことで困るという方が大多数でしょう。

ここは冷静に考えるべき点です。慰謝料や養育費をきちんと取れる環境にあれば、お金の心配はさほどしなくても生活していけるかもしれません。しかし、継続して受けられなければ大変なことになります。

旦那がいることによって経済的な安定があり、成り立ってきた生活かもしれません。だからといって、我慢して浮気するような旦那とずっと一緒にいなければいけないというわけではありません。

今現在、どれだけの蓄えがあって一ヶ月にどれだけ使うのか?その貯金を切り崩して、あとどれくらい生活できるのか?具体的に数字を出してみてください。

一人でもやっていける、旦那の助けは必要ないと思える自信が出てきたら、高いハードルを一つ越えたことになります。もし、金銭面の問題を解決できないようであれば、離婚を思いとどまった方が良いでしょう。

3.住まいのこと

もし離婚して旦那と暮らす家を出たら、たちまち寝泊まりする場所が必要になります。帰れる実家がある場合は、とりあえず実家に帰ることになるでしょう。心配してくれる肉親がいれば、しばらく甘えてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク