同窓会のお知らせが届くと、「初恋の人は来るかな?」「元彼も来るのかな?」なんて不倫を連想してしまう既婚女性は少なくありません。

しかし、同窓会での不倫を期待するのは今すぐやめましょう。今回は同窓会で不倫すると一生後悔する理由を9つ紹介します。後悔する前にこれを読んでください。

スポンサーリンク

1.同級生の友達をなくす

同窓会で不倫をしてしまった場合、その同窓会で不倫をするきっかけが何かあったのだと思います。そしてそのようなことは、その場に居合わせた人は感じ取るものです。

同窓会に出席していたあなたの同級生も薄々感じることでしょう。しかし、不倫を応援する友達なんていません。特に既婚女性であれば、不倫をする男女を白い目で見るのが普通です。

同窓会で不倫をしていることが同級生に知れ渡ってしまうと、あなたは大切な旧友を失うことになります。

  • 「不倫するような女と集まりたくない」
  • 「私の旦那もとられちゃう」

このように周囲に陰口を言われるでしょう。そして、そう言われても仕方のないことをしているのです。

2.その後の同窓会に行けなくなる

先程の続きにもなりますが同窓会で不倫をしてしまうと、その後行われる同窓会には呼ばれなくなるでしょう。また不倫相手を探しにくるのではないか?という黒いイメージがついてしまうからです。

もしお誘いがあったとしても、あなた自身が行くのをためらってしまうでしょう。前回の同窓会で不倫関係になった人がまた来るかもしれない。またそうなったことを知っている人が来る。そう思うとなかなか行きにくいですね。

せっかくの同窓会に一生行けなくなってしまうなんて勿体ないです。そうならないためにも同窓会での不倫は絶対に避けるべきです。

3.今ある幸せを壊すことになる

不倫をして幸せが訪れる人はほぼゼロです。不倫をした相手の奥さんのことを考えましょう。旦那に不倫されてどんな気持ちになるでしょうか?

もし相手の男性に子供がいたら・・。大好きなパパとママが喧嘩して別れることになってしまったら、その子供はどんなに悲しい思いをするでしょうか?

もちろん、あなた自身も同じです。今ある当たり前の平凡な日常はもう送れないでしょう。そんなリスクを負って、自分や相手の幸せを壊してまで不倫をする価値はあるのでしょうか?

たった1回の不倫で一生後悔することになってしまうのです。それを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク