結婚する際には互いを一生の伴侶と誓い結婚するものです。しかし、必ずしもその誓いが守られるとは限りません。旦那の浮気や性格にイライラして離婚を決断しようか迷っている女性も少なくありません。

そこで今回は妻が離婚を決意するときとその理由を6つ紹介します。悩んでいる女性は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.いつの間にか借金を作っていた

結婚生活が破綻する上で一番多い原因がお金です。この問題を抱える夫婦は、高確率で離婚することになります。

旦那さんがお金使いが荒い人であった場合、それを結婚前に知ることは難しいです。旦那さんもそれを隠そうとしますし、結婚前に互いの収入や支出を把握しているカップルはほとんどいません。

そのため、結婚してから旦那さんにギャンブルやキャバクラ通いの癖があることを知ったという女性は意外と多いです。

旦那さんがお金使いが荒い場合、ほとんどの人は奥さんに内緒で借金をすることになります。それを何度も繰り返しても、奥さんにその事実を知らせることはありません。

何かのきっかけで奥さんが気付いたときには、とんでもない金額に膨れ上がっていることが多いのです。このようなことになれば、まともな生活は今後送れません。子供にも大きな負担がかかるでしょう。そのため、離婚を決意する人が多いのです。

2.日常の小さな積み重ねが許容を越えた時

夫婦は結婚してから毎日生活を共にすることになります。一緒にご飯を食べ、一緒に眠り、一緒にテレビを見る。それが新婚の時であれば嬉しいかもしれませんが、結婚生活が長くなってくるとお互いにイライラしてくることが多くなります。

このようなイライラの代表として、よく言われるのがトイレです。旦那さんが用を済ませた後、便器の蓋を下げないことで大喧嘩をする夫婦もいます。

そして、このような小さなイライラは細かいところまで広がっていき、旦那さんが食事をする姿や噛む音にイライラを抑えきれなくなっていきます。

こうなってしまえば、旦那さんが側にいることそのものがストレスです。「消えて欲しい・・」と本気で願う人もいます。そしてこのようなストレスに耐え切れずに、最終的には離婚をすることになるのです。

3.家事に対して「ありがとう」という言葉がない

「男性は外で働くもの、女性は家を守るもの」これは昔ながらの考えですが、いまだにこの考えを引きずっている男性も多いです。

このような考えは、女性にとって大きなストレスとなります。なぜなら、女性が家事を行うことを当然と思っている旦那さんは、家事をこなす妻に対する感謝が全くないからです。

表面的には優しそうに振舞い、家事を手伝ってくれる旦那さんでも、「これ、洗っておいてあげたよ」という発言をする場合があります。

スポンサーリンク