急に夫からの離婚宣告を受けた時。あまりの衝撃に動揺を隠せないですね。『離婚』という言葉を口にするからには、相当の覚悟で言いだしたことなのだと思います。

まったく心当たりがないかたは、もう我慢できない!男が妻と離婚したいと思うとき6選を参考にしてみましょう。いずれにしても、これは早急に正しい対処をしなければなりません。

そこで今回は夫に離婚したいと言われた時の8つの対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.離婚したい理由を聞く

まずはこれです。なぜ夫がそのようなことを考え始めてしまったのか知らなければ、正しい対処ができません。きちんと夫婦で向き合って『離婚』を口に出した経緯について話し合ってみましょう。

  • 妻であるあなたに対しての不満
  • 家に自分の居場所がない
  • 新しく再出発をしたい
  • 好きな人がいる
  • 借金をしている

理由はどうあれ、結婚している二人が別れるのには相当の覚悟と強い気持ちが必要です。それを理解した上での離婚発言であるので、強い気持ちが込められていることでしょう。

離婚の理由や原因を聞いた上で、あなたはどう出るべきなのか対処法を決めていきましょう。

2.悪いところを改善する

理由を確認したところ、夫があなたへの不満があるのであれば、それは精一杯改善する努力をしなくてはなりません。まずは期間を設けてもう一度家族をやり直す提案をしましょう。

「あなたが不満に思っているところをちゃんと直すから。だから半年時間をください。そしてもう一度考え直してほしい。半年の中で私が何も変わらなかったら、その時はもう一度離婚を切り出していいから」

このような提案をして妻としてのチャンスをもらいましょう。あなたにもプライドがあります。こんなことを夫に言うのは嫌かもしれません。しかし、今はプライドよりも離婚を阻止することが先決です。

期間をもらったら、夫が不満に思っているあなたの悪い部分を改める努力を日々していきましょう。

3.帰りたくなる家にする

もし離婚の原因をはっきり言わないという時。きっとただ単にあなたに愛情がなくなってしまったのかもしれません。家が帰りたい場所ではなくなっているのです。

そのような時は、もう一度あなた自身で自分の家庭について見直してみましょう。

スポンサーリンク