部活のマネージャーになると、部内での様々な恋愛模様に遭遇することができます。あなたが女子マネージャーなら、いろいろな経験をしたり周りが経験するのを見てきたことでしょう。

そこで今回は部活の女子マネージャーの恋愛あるあるを8つ紹介します。部活のマネージャー経験のない方も、これを見ればマネージャーになりたくなるかも!?

スポンサーリンク

1.恋愛禁止の部内で部員を好きになる

部内恋愛禁止という部活が最近多くみられます。全国大会に出場するような強豪チームなら尚更、恋愛は厳禁でしょう。ただ、禁止と言われても好きになってしまったら感情のコントロールをすることは不可能です。

  • 一生懸命に練習に打ち込む姿
  • かっこよくプレーする姿
  • 後輩に指導する姿

このような姿だけでなく、真剣な眼差しや光る汗、たまに見せるかわいい笑顔など・・。好きになってしまうと彼のどんな姿にもときめき、胸がキュンとしてしまいます。

「禁じられた恋」であるから余計に燃えてしまうのが人の心理です。ほとんど毎日のように顔を合わせるわけですから、諦めることはかなり困難です。また、あなたがチームを支えるマネージャーという立場にいるため余計に悩んでしまいます。

2.部員と内緒で付き合う

部内恋愛禁止か否かに関わらず、部員と内緒で付き合っているマネージャーもいます。恋愛禁止なら当然ですが、禁止されていなくても周囲に内緒で付き合うことが多いです。

部員をサポートするマネージャーがある特定の部員と交際をしているとなると、あなたが他の部員から良く思われないでしょうし、彼の方も周囲から祝福されることは少ないです。むしろ、もっと練習に集中しろと言われるでしょう。

大好きな彼を目の前にすると、つい態度に出てしまいそうですが、ぐっとこらえて周囲に気づかれないようにしましょう。当然、彼にだけ特別な態度をとらないように注意してください。

誰にもわからないように目で合図するなど、内緒の恋はドキドキの連発で一層恋が盛り上がること間違いなしです。

3.部内のマドンナになる

マネージャーは部員数にもよりますが、2~4人くらいが一般的です。男性ばかりの中にいる数人の女性は部内の花となり、マドンナ的存在となります。

怪我をしたときに手当をしてもらったり、おにぎりを差し入れしてもらったり、優しくされると部員がマネージャーへの恋に落ちることは珍しくありません。

部員1人からだけではなく、複数の部員から好意をもたれることもあり、あなたが好きな部員ではない人から猛プッシュされ心が揺らぐこともあるでしょう。

もし、あなたの友達でもある、もう1人のマネージャーが想いを寄せている部員から、告白されてしまった場合は厄介です。

スポンサーリンク