金銭感覚は人によって全く違いますよね。ケチな男性もいれば、豪快な男もいます。そんな中でも最も不思議なのが貢ぐ男ですよね。彼らは何故、自分が必死に稼いだお金を女性に貢いでしまうのでしょうか?

今回はそんな疑問を持っている女性のために、貢ぐ男の心理を7つ紹介します。彼らが何を考えているのか知りたい女性必見です。

スポンサーリンク

1.セールスポイントがない男

貢ぐのが好きな男っていますよね。「ミツグ君」なんて呼ばれた時代もありました。さすがに最近はその名で彼らを呼ぶ事はありませんが、絶滅したわけではありません。

いつの時代も一定数いるのが「貢ぐ男」です。いくつかタイプがありますが一番多いのは自分に自信がない男です。自分に自信がなくセールスポイントがない(と思っている)ので、単純に物で気をひこうとしてしまいます。経済力があってもなくてもです。

お金がある人はまだいいのですが、ない人は借金までして貢いでしまいます。ある意味、純真な人が多いとも言えるかも知れません。

彼らは見返りを求めてくる事は少ないかも知れませんが、人知れず悩んでしまうタイプが多いので気遣ってあげてください。

2.プリティーウーマンタイプ

自分に自信がなく物で気をひこうとする男と同じくらいいるのが「プリティーウーマンタイプ」です。自分の力で女性をよりキレイに美しくしてあげたい・・そんな男です。

聞こえはいいのですが、自己顕示欲が強くて女性を自分の好みにしたいと言う気持ちから貢ぐタイプが多いと言えるでしょう。映画「プリティーウーマン」のリチャード・ギアタイプですね。

買ってあげたい気持ちはわかるのですが、そこに自分の趣味を反映させようとするため、相手のためというより自分の満足感を追及しているといえるでしょう。

3.単に自慢したい、スネオタイプ

単に自分の経済力を自慢したいがために女性に貢ぐのが「スネオタイプ」です。「すごいね」「さすがだね」と褒められると嬉しくてどんどん貢いでしまいます。

十分な経済力があるので褒めれば褒められるほど貢ぎます。そしてあまりお金に執着がないので、見返りに何かを求めようとはしない男が多いと言えます。

彼らもやはりある意味純粋なのかも知れません。一般的には中高年男性に多いのですが、お坊ちゃま育ちの若い男性にもたまにいます。

4.俺様タイプ

「男の方が女より偉い!」このように思っている男尊女卑タイプは、残念ながらいつの時代も一定数存在します。そして彼らは時に女性に物を買い与えたり金銭的援助をする事で「俺はお前よりすごい」と優位に立ちたい。それが「俺様タイプ」です。

貢ぐ事で自尊心が満たされるのでしょうね。これも中高年の男性に多いのですが、若くして起業して成功した男性の中にも見られます。彼らもよく考えれば純粋なのかも知れませんね。しかし、見返りとして女性から尽くされる事を望む男性も少なくないのがこのタイプです。

スポンサーリンク