女性なら誰しも、彼氏にとっての自慢の彼女になりたいですよね。ただ、自慢してもらうのは簡単なことではありません。

一体、どうすれば自慢の彼女になれるのか?疑問に思っている女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は自慢したくなる彼女の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

顔が美人

自慢したくなる彼女の特徴として、まずは顔が美人なのが挙げられます。誰もが羨むような美人の彼女なら自慢したくなるのは当然です。確かに、女性でもイケメンの彼氏がいたら、自慢したくなりますよね。

ただ、自慢されるのは美人だけではありません。彼氏にとっての美人、つまりタイプであれば問題ないのです。そのため、「自分は美人ではないから、自慢されるのは無理・・」と諦めてはいけません。

結局のところ、彼氏がどう思っているかが重要です。化粧を頑張るなど、少しでも彼氏の好みのタイプに近づける努力をしてください。

スタイルがいい

顔と同様にスタイルも彼氏が自慢してくれる要素です。ただ、こちらは顔とは違い彼氏のタイプではいけません。

スタイルは一般的にメリハリボディがいいとされており、実際男性の多くがそのスタイルを好みます。そのため、いくら彼氏の好きな体型でもぽっちゃりしていたり、ガリガリでは自慢されることはありません。

彼氏が今の体型を好きと言ってくれているのなら変える必要はありませんが、そうではないなら努力してください。もっとも、女性の理想と男性の理想は違います。頑張りすぎて細くなりすぎてしまうと逆効果になるのでご注意を。

気遣いができる

彼女が友達や家族と上手くやっていけるか気にしている男性は多いです。そのため、気遣いができるかどうかで、自慢されるかどうかが決まることもあります。

気遣いができる女性なら、友達や家族に好印象を持たれる可能性が高いです。そのため、自慢しても変な空気にはなりません。むしろ、周囲が自慢するような話の流れにすることすら期待できます。

一方、気遣いができないと、自慢されるどころか下手したら愚痴を言われてしまうことも・・。確かに、自分の彼女の評判が良くなければ、褒めるよりけなした方が周りが納得できますからね。

このように気遣い一つで大きな違いが生まれてしまいます。特に初対面の時は、彼氏もその周囲もよく見ていますので気を付けてください。

料理が上手

料理が上手な女性もまた、自慢したくなる彼女と言えます。自慢話は当事者こそ気持ちがいいものかもしれませんが、第三者からするとそんなに聞きたい話ではありません。

そのため、容姿や性格の自慢は思っていても口には出さない男性は多いです。しかし、料理ができるぐらいなら、そこまでいやらしさはないので自慢してくれます。

スポンサーリンク