「旦那が頼りない・・」「もっと、しっかりして欲しい・・」そんな悩みを抱えている奥様は少なくありません。あなたも悩んでいませんか?

今回はそんな奥様のために、頼りない旦那をしっかりさせる方法を6つ紹介します。旦那を生まれ変わらせたい奥様必見です。

スポンサーリンク

1.日常的な小さなことを褒める

頼りにならない旦那に対して一番やってはいけないのは、「叱ること」です。旦那のダメなところ、頼りにならないところを厳しく指摘すればするほど旦那は精神的に委縮して、ますます弱い男になってしまいます。

旦那をしっかりさせるには、けなすよりも褒めることが大切。ダメな旦那は褒めて伸ばすのが一番です。

「そうは言っても、うちのダメ夫には褒めるところなんて何にもない」という人も少なくないでしょう。しかし、「褒めよう」という意識をもって旦那の行動を観察すれば、「褒められるポイント」は見つかるはずです。

たとえば、夫婦で街を歩いている時に旦那が車道側を歩いていたら、「それって、ヨーロッパの紳士のマナーよね。かっこいいわ」と褒めてあげましょう。

  • ちょっとした家事を手伝ってくれた時
  • 重い荷物を持ってくれた時
  • ゴキブリ退治をしてくれた時

何でも構いません。とにかく褒めるところから始めてみましょう。

2.夜の営みを褒める

男が女から褒められて、最も自信に結びつくテーマの一つが夜の営みです。

他のことはどうであれ、夜に関して女性から高い評価を得ると、男性の多くはストレートに自信につながります。頼りない旦那も頼りになる旦那に変わっていくはずです。

夫婦間ではマンネリになりがちですが、タイミングを計って「今日は素敵だった」と意識的に褒めてみましょう。旦那は「いつもと同じ」と思いながらも、まんざらでない気持ちになるでしょう。

殺し文句が一つあります。それは「惚れ直したわ」です。奥さんからこの言葉を聞いて、うれしく思わない男性はいません。自信がつけばつくほど、男はしっかりしていくものです。

どんな頼りない旦那でも、妻の「惚れ直した」の一言で、男性としての自覚が生まれて自然にしっかりしていくものなのです。口にして損ということはないのですから、たまには「惚れ直した」と褒めてあげましょう。

3.「頼りになる」と言ってあげる

「自分は嫁さんに頼られている」という自覚を持たせることも、旦那をしっかりさせるためには必要です。

スポンサーリンク