「もうすぐ片思いの彼の誕生日!何かしてあげたいけど、重い女だと思われたくないな・・」このような悩みを一度は経験したことがあることでしょう。あなたも片思いの彼の誕生日で悩んでいませんか?

そこで今回は重くならない片思いの男性の誕生日の祝い方を6つ紹介します。重く思われないようにお祝いして、彼との距離を縮めたい方必見です。

スポンサーリンク

1.誕生日のお祝いメッセージはメールやLINEで

好きな人が一緒の学校や職場にいれば直接お祝いの言葉も言えるけれど、プライベートで約束しなければ会えない人の場合は、電話よりもメールやLINEで誕生日のお祝いメッセージを送ると良いでしょう。

相手がフリーの場合は誕生日当日も暇をしている可能性があるため、いつも親しくしていて頻繁に連絡を取り合っているのであれば、何気なく会話を楽しむつもりで電話をかけてみるのも良いかもしれません。

片思いの彼にお誕生日のお祝いメッセージを伝える場合は、あまり重くならないよう注意しましょう。まるで付き合っているかのような行動や言動を避け、お祝いメッセージを送りながら他の案件も含めると良いでしょう。

「誕生日おめでとう!そういえば、来週の○○は17時になりました。みんなにも連絡お願いします!」このように送れば、重くならず誕生日を覚えてくれていたことにも素直に感謝してくれるはずです。あなたの好感度がアップすること間違いなしです。

2.直接会ってお祝いする場合は、誕生日近辺のお休み前日

片思いの人の誕生日が休日やお休み前だった場合、お祝いを言うために電話をかけてしばらく話をした後に、「今から出てこない?」などと気軽に誘うことができますが、誕生日が平日の場合は相手が仕事のことも多く、あまり時間がとれないでしょう。

しかも誕生日が平日で明日も仕事だと、彼女でもない女性とあまり出歩きたがらない人もいます。もしも次の日が休みでもないのに、あなたの誘いでわざわざ出向いてきてくれた場合は、かなり脈ありと考えて良いでしょう。

ただ、客観的に考えて、まだ付き合い始めるまでに時間がかかりそうだったり、相手の気持ちが良くわからないうちは誘うのはやめたほうが無難です。次の日も仕事という平日の誕生日に直接会おうとするのは、重いと感じられてしまう可能性大です。

誕生日近辺のお休み前に気軽に約束を取り付け、「そういえば、もうすぐ誕生日だったよね?」といった気軽な感じでプレゼントを渡しつつ会う方が良いでしょう。

3.付き合う前からあまり高価な物を贈らないようにする

付き合う前から好きな人の誕生日に高価な物をプレゼントしたり、セーターなど長期使用することを想定した手作り品をプレゼントすると重いと思われる可能性があります。

片思いの人にプレゼントするなら気軽に受け取りやすく、相手のお返しも気軽にできるレベルの贈り物が良いでしょう。貰ったプレゼントが高価な物だと相手も困ってしまいます。あなたの誕生日に高価な物を贈らなければと気を遣わせてはいけません。

そういった負担がのしかかることによって、付き合う前に重い女だと思われてしまう可能性も少なからずあります。好きな人に贈るプレゼントは、付き合いの段階によって徐々にグレードアップしていくのが望ましいでしょう。

高価なプレゼントでなくても誕生日を覚えていてくれて、プレゼントを贈ってもらえるということは金額関係なく嬉しいものです。まずは重すぎず相手が喜んでくれそうなプレゼント探しから始めると良いでしょう。

スポンサーリンク