好きになった男性といい関係までいけるけど、毎回二番目の女になってしまう人っていますよね。もちろん、そんな関係が望みならいいですが、多くの女性はそうではありません。どうしたら辛い二番目の女を卒業できるか、悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

そこで今回は二番目の女の特徴を紹介します。あなたは何個心当たりがありますか?

スポンサーリンク

自ら二番目になりにいってる

二番目の女は、元々本命だったのが二番目になったわけではありませんよね?彼女がいたり、結婚している男性を好きになったのが、そもそもの始まりです。

もちろん、時には男性が心変わりして二番目の女が本命になることはあります。しかし、それはよっぽどのことで、最初から本命の女性とは別れる気がない男性は多いです。

「でも、自分の方が好きと言ってくれた・・」こんなケースは多いですが、これは勢いで言ってしまったか、浮気相手に対していい顔をしただけです。これが本音なら、二番目というポジションに置いておくはずがありませんからね。

このように、自ら二番目になりにいってるのですから、本命になれないのは、ある意味当然のことです。

時には成功するが・・

二番目の女と言えども、時には略奪が成功することはあります。しかし、せっかく本命になっても、上手くいかずに別れてしまうことは多いです。

  • 人のものが欲しくなる性格で手に入れてしまうと興味がなくなる
  • 略奪できる男は、また違う女を選ぶ可能性が高い

このように、二番目の女には自業自得な理由があります。しかしながら、自分では気づいていないことが多いです。だから、「いつも二番目になってしまうのはなんでだろう?」と疑問に思ってしまうのかもしれませんね。

遊ばれていることに気付かない

浮気性の男性は、本命と別れる気がないにも関わらず他の女性にもいい顔をします。それに気付かないと、二番目の女になってしまっても仕方がありません。

自分で二番目の女と思ってしまうと、本命の次のように感じてしまいますが、こんな男性からしてみたら、二番目ではなく本命以外の女の一人に過ぎません。

人を好きになってしまうことは、ある意味仕方のないことですが、常に騙されていては普通の恋すら臆病になってしまいます。変な男に引っかからないように注意してください。

他にも女がいることを許容してしまう

二番目の女の特徴として、他の女性の存在を許容してしまうことが挙げられます。好きになった男性に他の女性がいれば、我慢できないのが普通です。

しかし、二番目の女は、好きになった男性が自分のことを相手してくれることが最優先なのでしょう。これでは、男性が調子に乗ってしまうことはもちろん、今の関係を望んでいるのでは?と勘違いされる危険すらあります。

スポンサーリンク