周りは楽しそうに女子会をしているのに、どうして自分には同性の友達ができないのかと悩んでいませんか?実は女に嫌われる女には、共通している嫌われる特徴があります。その特徴を直さない限りは、今後も女に嫌われ続けてしまうでしょう。

「彼氏や男友達はいるのに何でだろう・・」そんな疑問を抱えている女性のために、今回は同性の友達がいない!いつも女に嫌われる!そんな女の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

1.格好が男っぽいというより、むしろ男

ボーイッシュな格好は時に魅力的ですが、男っぽい格好どころか話す言葉や雰囲気・行動・格好が男そのものという女性がいます。そんなタイプの人は、全員とは言えませんがちょっと変わっている人が多いのも事実です。

例え友達が太っていたり、少々外見が悪かったとしても、性格が合えば仲の良いお友達でいられるものです。しかし、気性そのものが男みたいな女性の場合は、恋愛話やファッションの話などで女性と話が合わないことも多く、女友達が全くいないことも珍しくありません。

こういったタイプの人は、女友達がいなくてつまらないと思いません。男友達が多いため、あまり気にしないのです。女性と話が合わない結果、そんな状況になっているため、わざわざ話の合わない人と仲良くなろうとは思わないのです。

2.自分勝手で女友達に迷惑をかける

酒癖や男癖が極端に悪かったり、お金にだらしがないなど、友達に迷惑をかけ続けるタイプも、女友達がいない傾向があります。

このタイプは知り合ったばかりの相手でも積極的に話しかけるため、初めは普通に友達ができます。しかし、友達に頻繁に迷惑をかけ続けてしまった結果、友人が離れていくのです。

新たに友達ができるスピードよりも、女友達が離れていくスピードの方が速くなってしまい、女友達が少なかったり全くいない時期があります。自業自得なので仕方がありません。

3.会話のキャッチボールができない

  • 「ねぇ、最近彼氏とどう?私はね・・」
  • 「仕事の調子どう?私はね・・」
  • 「最近旅行いった?私はね・・」

このように人に質問をしておきながら、その返答を待たずに自分の話ばかりをする人がいます。とにかく自分の話を聞いてほしくて仕方がないのです。そして基本的に人の話に興味はありません。

女性は皆、自分の話をするのが好きです。しかし、自分の話をするだけでなく、相手の話も聞くからこそ、女性同士の友情は成り立つのです。お互いの話を共有してこそ、楽しい時間になるのです。

一方的に自分の話ばかりをされても、聞いている方がつまらなくなり不満に思うでしょう。こういうマシンガントークをする人は、相手をただ疲れさせて自己満足で終わってしまうため、友達が徐々に離れていきます。

学校や職場などで嫌々付き合っていくしかない場合を除き、プライベートの友達はどんどんいなくなってしまうタイプです。

4.著しくネガティブ

話す事がいつも暗かったり、話を聞いている方がげんなりする位ネガティブな発言ばかりしている人は、女友達が少ない傾向があります。

スポンサーリンク