好きな人とは常に一緒にいたいですよね?しかし、いざ同棲を始めると、一緒に暮らすことの大変さに、「こんなことなら同棲しない方が良かった・・」なんて思うことは少なくありません。

せっかく同棲までしたのですから、何とかして今の疲れる関係を改善したいと思っている女性も多いのではないでしょうか?そこで今回は同棲に疲れた時に考えることを紹介します。

スポンサーリンク

同棲疲れの原因は何か?

同棲に疲れたら、まずはどんな部分に疲れているのか考えてください。同棲に疲れてくると、相手のすることが全て気に食わなくなってしまいますが、そんな感情的な考えでは問題を解決することはできません。しっかり、原因を把握することが大切です。

  • 彼氏が家事をやってくれない
  • 同棲にかかるお金の負担が不満
  • 自由がないことでのストレス

他にも細かいことを挙げればあるのでしょうが、大体このような原因が挙げられるかと思います。ただ、原因を考えようとすると、どうしても彼氏の粗ばかり探してしまいがちです。疲れてしまう原因が、自分にもないかしっかり考えてください。

しっかり話し合う

同棲疲れの原因が分かったら、それについて彼氏としっかり話し合うことが大切です。同棲が長くなると、お互いに思っていることが言いにくくなりますが、それでは問題を解決することはできません。

もっとも、話し合うといっても、文句ばかりでは余計に仲が悪くなってしまいます。自分の悪い面を見つめつつ、どうしても直して欲しい部分を伝えてください。

また、話し合いをしていれば、彼氏からも不満な部分が出てくるでしょう。それについては、反論することなくしっかり自分を見つめ直してください。

同棲の目的をはっきりさせる

紹介したように、彼氏としっかり話し合ってお互いに歩み寄れれば、同棲の疲れはかなり改善できるでしょう。

しかし、それだけだとしばらくはいいかもしれませんが、時間が経つと元通りになってしまうことがあります。確かに、人間そう簡単に自分の性格や癖は変えられませんからね。

そのため、根本的な話になってしまいますが、同棲の目的をはっきりさせることが必要です。お互い結婚を意識しているなら、相手に合わせることも、それほど苦にはなりません。

そもそも、同棲が上手くいったからといって、意味もなくダラダラと同棲を続けていては意味がありません。「一体なんのために同棲しているのだろう?」と一度立ち止まって考えることも大切です。

同棲に期限を設ける

同棲の目的をはっきりさせたなら、次は期限を設けることをおすすめします。一度同棲をしてしまうと、同棲解消のめんどくささから、同棲にメリットを感じなくなっても続けてしまうことが多いです。

スポンサーリンク