男性はガリガリな女性よりぽっちゃり女子を好むと良く言われます。ただ、男性に好まれるぽっちゃりがあまりにも曖昧で、デブとの境界線が良く分からないと思っている女性は少なくありません。

そこで今回はモテるぽっちゃり女子とモテないデブ子の境界線を7つ紹介します。あなたはどちらに当てはまりますか?

スポンサーリンク

1.抱き心地がよさそう

ぽっちゃりした女性が好きな男性が、どうしてぽっちゃりが好きなのかと聞かれた時に答える理由がこれです。

がりがりにやせ過ぎていると確かに骨ばった感じがして、手を握った時や抱きしめた時の抱き心地が悪く感じますよね。その点ぽっちゃり女子は適度に肉がついているので触った時の感触がいいのです。ただし、これも限度があります。

  • 女性を抱いて持ち上げた時にあまりにも重すぎる
  • お腹が三段腹になっている
  • ベルトに肉がのってしまう
  • 腹がですぎていて真上から見た時に足が見えない

このようなことに当てはまる場合、男性からはデブというカテゴリーに振り分けられてしまいます。

2.肌がきれい

モテるぽっちゃり女子はズバリ美肌です。色白で適度に潤いが保たれた肌を持った人が多いです。

ぽっちゃり女子はダイエットなどで無理な食事制限をすることがなく、美味しくご飯を食べているので食べているものの栄養が肌に充分いきわたり肌が老化しにくいと考えられます。

痩せたモデルさんでも食事を制限しているのが原因で肌が荒れている人は結構いますからね。ただし、これはぽっちゃり女子が好き嫌いなく栄養バランスの良い食事をしているからです。

お菓子ばかり食べて偏食しているデブ子はこうはなりません。ニキビがひどく脂ぎっている女性は当然モテませんし、太り過ぎて肉割れが目立つなどという状態では、ぽっちゃりの範疇から外れて完全にデブとして認識されてしまいます。

3.明るくて笑顔が可愛い

モテるぽっちゃり女子は、とにかくポジティブです。今の女性はスレンダーであることが美しいという価値観が強いので、デブな女性はどうしても卑屈になってしまいがちですが、モテるぽっちゃり女子は違います。

他人と自分を比較してネガティブになるということはありません。「自分には自分のいいところがあるし!」と気軽に考えています。

でもそれと同時に、自分がぽっちゃりのカテゴリーに属しており、自分の境遇に甘えて太り過ぎてはいけないという自覚もちゃんと持っています。

スポンサーリンク