夫に不倫されたら、とても辛いですよね。抑えられないイライラから「何とかして夫に制裁を加えたい!」なんて思う女性は多いのではないでしょうか?

そこで今回は不倫した夫に対する復讐の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

まずは証拠を集める

不倫した夫に復讐するために、まずは証拠を集める必要があります。証拠がなくてはどんな復讐の仕方をするにしても、大した効果が得られません。むしろ、場合によっては夫に逆ギレされてしまうことすらあります。

もちろん、夫が不倫していることが分かっている以上、知らぬ顔をして証拠を集めることは苦しい作業です。しかし、我慢しただけ復讐する際の見返りは大きくなるため、グッと堪えて証拠集めをしてください。

もっとも、不倫の証拠には決定的な証拠が必要になるため、素人が不倫の証拠集めをするのは簡単なことではありません。そのため、プロの探偵を使うことも視野に入れるといいでしょう。

証拠が集まったら夫婦仲を今後どうしたいのか考える

証拠が集まれば、「さぁ復讐するぞ!」という気持ちになるのは分かります。しかし、その前に夫婦仲を今後どうしたいのかしっかり考えてください。そうしなくては、「復讐をしてスッキリしたのはいいのだけど・・」となりかねません。

  • 復讐して離婚したい
  • 復讐はしたいけど離婚はしたくない

これによって復讐の仕方は全然変わってきます。確かに、前者なら相手がどうなろうが知ったことではありませんよね。しかし、後者なら復讐の種類によっては、自分もダメージを受けるため注意したいところです。

どうしても、不倫した夫に対しては、怒りから復讐することにばかり考えてしまいますが、自分にとって得にならないと感じたら、復讐しない選択肢も視野に入れておくといいでしょう。

それでは次に、それぞれのケースごとに復讐の仕方を紹介します。

離婚したいケース

まずは離婚したいケースの復讐の仕方を紹介します。

慰謝料を請求する

不倫した夫と離婚したいのなら、シンプルに慰謝料を請求するのがいいです。一般的に不倫が原因で離婚すると、慰謝料として200~300万程度と言われています。

もちろん、お金で全ての鬱憤が晴れるわけではありません。相手にも自分と同じぐらい辛い目に合わせたいと思う気持ちもあるでしょう。

しかし、怒りから復讐がエスカレートしてしまうと、どんなに復讐しても物足りなくなってしまい、心が病んでしまうことがあります。お金があって困ることはないのですから、平和的に復讐するのが賢明ですよ。

スポンサーリンク