長年仮面夫婦を続けていると虚しくなってしまいます。せっかく縁があって結ばれたのだから、何とか夫婦仲を改善したいと密かに思っている方もいることでしょう。

そこで今回は仮面夫婦をやめて夫婦仲を改善する方法を6つ紹介します。そろそろ仮面を取って心が通う夫婦になりたい奥様必見です。

スポンサーリンク

1.まずは普通に挨拶するように心がける

仮面夫婦となってしまった場合、お互いにもう好きでなかったり、信頼しあうことができなくなっているかもしれません。

いわゆる普通の知り合いよりも、さらに悪い関係となっていることでしょう。もしかしたら全く会話がなかったり、お互いに目を背けあっていることさえあります。

そういう二人の関係を修復するために、まずは普通に挨拶することを心がけましょう。挨拶は人間関係の基本です。会社などの外の人間関係だけでなく、家族間の関係を改善するのにも役に立ちます。

普段まったく会話がないなら、まずは朝起きて顔を合わせた時に「おはよう」と言ってみましょう。今まで仮面夫婦だったのですから、当然相手はすぐに返事をしてはくれないでしょう。しかし、この一言が仮面夫婦の状態となっている夫婦仲を修復するための最初の一歩となるはずです。

2.相手の好きそうなものを用意してみる

今まで仮面夫婦だった夫婦仲を修復したいなら、さりげなく相手の好きそうなものを用意してみましょう。

例えば、夕食のおかずに相手の好物を出してみたり、晩酌用にちょっといいお酒を用意してみるのです。他にも好きそうなDVDなどをついでに借りてきて、テーブルにそっと置いておいてもいいかもしれません。

人は誰でも自分の好きなものを用意されれば嬉しくなります。そして気持ちが柔らかくなってリラックスし、人間関係も改善しやすくなります。その『好きなもの』に、相手の自分に対する気配りを感じるからです。

そういうちょっとした気配りが、すぐに相手を変えるわけではありません。もしかしたら、せっかく用意した物が無駄になることもあるでしょう。でも、気長に相手の凍った心が溶けるのを待ちながら、繰り返しあなたの気持ちを伝えるのです。あなたの想いは、ゆっくりでもだんだんと相手の心に届くはずです。

3.短い世間話を繰り返すようにする

仮面夫婦がその状態から脱出するには、少しずつでも会話をすることが大切です。ただ急にあれこれ話すのは難しいでしょう。そんな時、だれでも話すような世間話をするようにしましょう。

いきなりディープな話題や長時間話すのは難しいでしょう。そういう時は、テレビを見ながら「あーこの芸能人、結婚したんだね。」というように、誰でも返答できるような話題を振るようにして世間話をするのです。

もしかしたら、相手は戸惑って会話をスルーしてしまうかもしれません。その時は怒ったり不愉快に思ったりせず「今、相手は心の準備をしているんだ。」と考えて、大らかな気持ちでいることが大切です。

そして、あえて相手が会話をスルーしても大丈夫なような会話を選ぶようにしましょう。何度もこちらから話題を振っていくにつれて、だんだんと相手も返答しやすくなり、夫婦関係を修復することにつながるでしょう。

スポンサーリンク