離婚は結婚の数倍大変と言うように、旦那と離婚したいと思っても、そう簡単なことではありません。そのため、嫌々ながらも結婚生活を続けている女性は多いです。

確かに、離婚となると子供のことや経済的なことなど、できないと思ってしまう理由は様々あるでしょう。しかし、理由をつけて自分の気持ちに正直にならないと、今後の人生を棒に振ってしまいます。

そこで今回は離婚したいけどできないと思っている女性が考えるべきことを紹介します。

スポンサーリンク

いつなら離婚できるのか?

離婚したいけどできないと思っているのなら、まずはこれを考えてください。恐らく、ほとんどの女性は二択の答えになるでしょう。

  • 経済的に自立する自信が付いたら
  • 子供が成人したら

前者なら、まだ自分の頑張り次第でどうすることもできますが、後者ならその時が来るまで待たなくてはいけません。いくら若い時に結婚した女性でも30代後半になっているはずです。当然、再婚の可能性は少なくなります。

もちろん、「離婚したら絶対再婚はしない」という考えなら別にいいです。しかし、そうでないなら自分が離婚してもいいなと思う時期について、また、その時の自分の年齢についてしっかり向き合ってください。

子供に与える悪影響

先ほども紹介したように、離婚について考えると気になるのが子供の存在です。そのため、離婚が子供に与える悪影響を考えなくてはいけません。しかし、離婚に対しての悪影響のみを考えるのは少し間違っています。

もちろん、両親の離婚が子供にとって悪影響なのは間違いありません。しかし、離婚しなくても、夫婦仲が悪く子供が板挟みになってしまうような状況なら、もっと悪影響を与えてしまいます。

このように、子供のために離婚しないことで、実はそれが子供のためになっていないこともあります。子供の前で仲良く演じきれるのか?これも離婚したいけどできない女性は考えなくてはいけません。

もっとも、子供は感受性が強く、下手な演技では簡単に見抜かれてしまいます。そういったことも考慮しなくてはいけません。

世間体について

世間体を気にしてしまうため、離婚できないという女性もいるでしょう。確かに、一昔前は離婚は恥ずかしいこととされていました。しかし、今は時代が違います。離婚したからと言って、自分が思うほど周りは気にしていません。

これは世間体と同じく自分の両親も同じです。もちろん、今の世代とは考え方が多少違いますが、流石に今の離婚率のことは理解しています。

また、親としては、子供が嫌々ながら結婚生活を続けているよりは、実家に戻ってきてくれた方がいいはずです。このことからも、あまり周りのことは気にしないようにしてください。

スポンサーリンク