プライベートなら自分の気の合う人とだけ付き合っていればいいですが、社会人ともなるとそういう訳にもいきませんよね?「嫌いな同僚にどうやって接すればいいのか?」こんな悩みを抱えている女性は多いです。

そこで今回は嫌いな同僚との接し方を紹介します。

スポンサーリンク

距離を取るか近づくかの二択

嫌いな同僚との接し方は、距離を取るか近づくかの二択です。完全に片方に偏る必要はありませんが、ある程度どちらかに決めた方が気持ちが楽になります。

もちろん、近づくのが理想ですが、人間関係はそんな簡単なものではなく、嫌なものを無理に我慢する必要はありません。そこで、それぞれの視点に立って説明していきます。

距離を取るならなるべく近づかない

まずは距離を取る場合ですが、そう決めたのなら、なるべく近づかないのが賢明です。当然、プライベートではなく仕事なので、近づかないといっても限界はあります。しかし、それはあくまでも物理的な距離です。

無難な会話を心掛けるなど、精神的に気にならないような付き合いをしていれば、物理的に近くても大して気にはなりません。そうすることで、より嫌いになることはないはずです。

また、距離と同様、時間も気にするといいです。どうしても、嫌な人と長くいると、態度や表情に出てしまいます。しかし、短時間なら耐えられるはず。嫌な同僚と話さないといけない場合は、なるべく短時間で済むように内容を簡潔にするといいでしょう。

嫌いなことを表に出さない

嫌いな同僚がいることは仕方のないことですが、それを表に出してはいけません。誰だって、嫌われていると思えば、相手のことも嫌うのが普通です。そんな態度を取ってしまえば、関係が悪くなってしまいます。

また、嫌いなことを露骨に出してしまうと、「あの二人仲が悪いの?」と周りに気を使われてしまいます。このように、嫌いなことを表に出してしまうと、お互いにとっても職場にとっても良くありません。

  • どんなに嫌いでも挨拶はする
  • 無視しない
  • 陰で悪口は言わない

このような、最低限のマナーは守ってくださいね。

それでは次に近づく努力をしたい場合の接し方を紹介します。

自分の成長のためと割り切る

嫌な同僚と距離をおけば、それ以上嫌いになることはないでしょう。しかし、同じ職場にいる以上、根本的な解決にはなりません。そこで、自分の成長のためと考え方を変えてみるのも一つの手です。

スポンサーリンク