どうして飲み込みの早い人と遅い人には、あれ程の差があるのでしょうか?仕事だけでなく、恋愛や人間関係にも大きく影響しているため、自分のことを「どんくさい・・」と思っている人は悩んでいることでしょう。

そこで今回は飲み込みが早い人の特徴を6つ紹介します。要領が良くなりたい方必見です。

スポンサーリンク

1.ポイントをつかむのがうまい

飲み込みの早い人と聞いて多くの人がイメージする特徴は、「記憶力がある」ということではないでしょうか。何か新しいことを理解するときには、そのことに関する情報を正確に記憶する必要があります。そのため記憶力が優れていることが、飲み込みの早い人の大きな特徴であることは間違いありません。

しかし、記憶力があるだけでは、ものごとを早く理解することは不可能。「ポイントを的確にとらえる能力」がどうしても必要になってきます。

たとえば、会社に就職して新しい仕事を始めるとしましょう。まったく未経験なのですから、最初は上司や先輩から仕事をレクチャーされます。その際に、その話をすべて丸暗記するのは非効率的ですし、その必要もありません。

その仕事に関する「押さえておくべきポイント」を正確に覚えられれば、支障なく仕事を行うことができます。飲み込みの早い人は、その要点把握の能力に優れているのです。

2.インプットした情報を頭の中で再構築できる

覚えるべき新しいことに関する情報、上記の例でいうと「新しい仕事のやり方」を頭の中で整理する能力に優れているのも、飲み込みの早い人の大きな特徴と言っていいでしょう。

上司からレクチャーされた内容をただポイントを捉えるだけでなく、一度自分の頭の中で整理するのです。そのことによって、真の理解を得ることができます。

要するに、「外から入ってきた情報を、頭の中で自分の言葉に翻訳する作業」です。自分の言葉に置き換えて情報を整理するのが、ものごとを早く正確に理解するための最良の方法なのです。「ピンとくる」という表現がありますが、この「自分の言葉に翻訳する」という作業によって「ピンと来た」状態になるわけです。

単に記憶力があるだけでは、この「ピンとくる」までに時間がかかってしまうことが少なくありません。それでは飲み込みが早いとは言えないでしょう。

3.不明点はその場で解決する

いくら新しい情報を早く記憶できたとしても、間違って記憶してしまったのでは意味がありません。それでは、「間違って飲み込んでしまった状態」ということになるでしょう。

飲み込みの早い人には、情報を正確に理解できるという能力も備わっています。正確に理解するためには、少しでもわからないことや不明なことがあったら、それを解決する必要があります。

新しい仕事をレクチャーされた場合、最初からすべて正確に理解することは難しいでしょう。話を聞いているうちに、どこかしら「よくわからない」という点が出てくるのは自然なことです。ただ、そのままにせず不明点を解決するのが飲み込みの早い人の共通点なのです。

4.集中力がある

そうした理解と記憶を迅速にするためには、やはり集中力も欠かせません。これは飲み込みの遅い人の特徴を考えてみると分かりやすいでしょう。

スポンサーリンク