どうして既婚男性は、パートナーがいるのに他の女性を好きになるのか。しかも、ほとんどの場合で未婚の若い独身女性・・。このような不倫する男性の本音をあなたは理解していますか?

そこで今回は、既婚男性が独身女性を好きになる恋愛心理を6つ紹介します。

スポンサーリンク

1.「相手が独身の方が面倒が起こらない」という勘違い

多くの既婚男性は、あわよくばパートナー以外の女性と関係を持ちたいと考えています。昨今、マスコミでよく取り上げられていますが、不倫願望を持っている男性は少なくないということです。

ぼんやりした願望ではなく、よりリアルに不倫を想像するケースも少なくありません。その際に既婚男性が一番に考えるのが、「めんどうなことは避けたい」ということです。

もし相手の女性にも自分と同様パートナーがいれば、いわゆる「ダブル不倫」ということになりますから、それが発覚したときのトラブルはそれだけ大きくなることは想像できます。

そのため、「既婚者ではなく、独身女性と恋愛関係になりたい」と思うわけです。既婚男性が独身女性に恋をしやすいのは、そうした心理が働くためと考えていいでしょう。

ただし、この考え方は「勘違い」であって、相手が独身の場合「本気になった相手から結婚を迫られかねない」という大きなリスクがあります。そのことについては、既婚男性は深く考えていないのです。

2.独身女性の方が無理なく会える

より現実的な理由から、既婚男性が独身女性との恋愛を求めるということもあります。それは「実際に付き合うようになったとき、無理なく交際できる」ということです。

相手が既婚女性だと仕事を持っているいないにかかわらず、家事や子育てなど大変に多忙というケースが一般的です。また、専業主婦で子供がいないという場合でも、主婦が自由に時間を使えるのはパートナーが不在の時間だけです。

たとえば、パートナーが土日休みの場合は、その休日は自由な行動が難しくなります。もしこちらも同じ土日休の仕事をしていれば、実際にその相手と会える機会がかなり限定されてしまうでしょう。

相手が独身であれば、無理なく会える曜日や時間帯がずっと増えるわけです。そこを考慮し、「会うチャンスが増え、交際を継続させやすい」という考えから、既婚男性は既婚者よりも独身女性に強い魅力を感じるのです。

3.所帯じみていない女性に魅力を感じる

既婚男性がパートナー以外の女性を見るとき、ほとんどの場合で自分のパートナーと比較します。そしてパートナーと比べて魅力が大きいと感じれば感じるほど、相手の女性に強く惹かれるのです。

そもそも、自分のパートナーに何らかの不満を感じているから、他の女性との恋愛を夢見るようになるわけです。そのため、パートナーと同じタイプの女性は無意識のうちに敬遠します。そしてパートナーとできるだけ違うタイプの女性を選ぶ傾向が顕著になるのです。

その際に大きなポイントとなるのが、「パートナーのように所帯じみている女性はパス」ということ。様々な意味で疲れているパートナーとは違う、女性の魅力にあふれた相手に惹かれるのです。所帯じみていない独身女性に恋してしまう理由はそのためです。

スポンサーリンク

浮気や不倫で悩んでいるなら

「パートナーが浮気してるかも?」「既婚者との泥沼不倫が苦しい・・」「旦那に不倫された・・」誰にも相談できずに悩んでいるなら、客観的な第三者のアドバイスを聞いてみませんか?

モヤモヤして眠れないのなら、今すぐレビューを確認しよう!