お酒を飲んだ次の日に彼氏に説教された経験のある人。それが原因で振られてしまった経験がある人。あなたは自分の酒癖の悪さをどう思っていますか?

酒癖が悪い女性は男性に嫌われてしまいます。そこには男性が嫌う理由が隠されているからです。

そこで今回は酒癖が悪い女が彼氏に振られる理由を紹介します。酒癖の悪さに自覚がある人。そんなことで彼氏に振られてしまうのを避けたいと思う人は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

1.100年の恋が冷める

男性は女性に女性らしさを求めます。好きで付き合ったのですから、あなたのことを素敵な女性だと心から感じていることでしょう。男性の中で完璧だった女性らしくて可愛い彼女。そんな彼女がお酒を飲んで豹変してしまっては、男性はとてもショックですね。

可愛らしく飲んでいると思ったら、だんだん言葉遣いが悪くなる。そして足を開いて大声で笑い、「もっと酒を持ってこーい!」なんて叫んでいては、100年の恋も冷めてしまうでしょう。

もともと友達で酒癖が悪いのを知った上で付き合っているのでない限り、酒癖の悪さは見せないようにしましょう。あくまでも女性らしく、お酒は楽しむ程度に控えてください。

2.飲み会のたびに心配になる

酒癖が悪くて、酔うと毎回男性に絡むという女性。キス魔になったり、抱きついたりする酒癖の悪い人もいます。こんなことを彼の前でしてしまうと、とても心配になります。

「酔ってこんなに酒癖が悪くなるなら、俺がいないところでもキスしてり抱きついたりしているのではないか・・」と思うのも当然でしょう。こうなると彼女が飲み会のたびに、彼氏はハラハラと気を病みます。

  • 今日は大丈夫か?
  • ちゃんと家に帰ったか?
  • 浮気しているのではないか?

こんなことを毎回心配しているうちに、だんだんと心が疲れてしまうのです。こんなに飲み会の度に苦痛になるくらいなら、安心できる女の子を探そうと思うのは当然のことです。男性はナイーブな生き物。心配をかけすぎてはいけません。

3.とにかく面倒くさい

酒癖の悪さにも様々なタイプがあります。

  • お酒が止まらなくなる人
  • 泣き始める人
  • 愛情の確認をしてくる人

これらのタイプをまとめていうと面倒くさい人たちです。

スポンサーリンク