会う人ごとにそれを確認するのは、「世間の評価」を確認する行為以外のなにものでもありません。あなたの周りにもこんな人いませんか?

6.上昇志向が強いがんばり屋

人から高い評価を得たいという欲求が強いために、「自分をより高めたい、向上させたい」という意識も強くなります。

上昇志向が強いわけですが、向上するための努力も怠りません。自分が人からより高い評価をされて注目されるために、人一倍がんばることができるのです。

その目的はどうであれ、努力家やがんばり屋というのは、人間にとって美徳であることは間違いないでしょう。その努力の結果、実際に自分を高められることも大変多いのです。

たとえば、趣味でスポーツのサークルに入ったとしましょう。その場合も人一倍熱心に練習して、いっしょに始めた人よりも早く上達する傾向が自己顕示欲の強い人にはあります。

これは「早く上手くなって目立ちたい」というモチベーションの強さによるものにほかなりません。

7.流行に敏感でイメチェンをよくする

人前で話すことやスキルの向上だけが、人から注目を浴びるための方法ではありません。もっと手っ取り早く注目を浴びる方法は外見を目立たせることです。

そのことを強く意識しているため、自己顕示欲の強い人は自分の外見に気を使う特徴があります。「おしゃれ」であることは言うまでもありませんし、身だしなみにきめ細かく気を使うというところもあります。

ポイントの1つが流行に敏感で、誰よりも早く新しいファッションを取り入れようとします。そして最新の流行ファッションを見せて、自分の評価を高めようとするのです。

もう1つのポイントがイメチェン。髪型や服装、化粧などをがらりと変えれば、自然に人に注目されます。そのため自己顕示欲の強い人はイメチェンが大好きです。

8.場の空気に鈍感

これは「人からの評価を気にする」という特徴と矛盾するのですが、自己顕示欲の強い人には、「場の空気を読むことに関しては鈍感」というマイナス面の特徴もあります。

場の空気を読めなければ、人からの評価は低くなるでしょう。しかし、自己顕示欲の強い人は自分を目立たせたいという意識が強すぎて、周りが見えていない傾向があります。その結果、場の雰囲気を無視して目立つような言動をしてしまうことが少なくありません。

周囲は空気の読めない人と白い眼を向けているにも関わらず、本人はその白い眼に全く気付きません。悪い意味で目立っていることに気付かないということです。

自己顕示欲の強い人は、あなたは大丈夫?空気が読めない女の特徴と行動10選の多くに当てはまります。

スポンサーリンク