友達以上恋人未満。恋人前のイイ感じの男女の関係として良く使われる言葉ですが、それは女の子同士の話。あなたは友達以上恋人未満の関係だと思っていても、男性は全くそんなことを考えていないかも・・。

そこで今回は友達以上恋人未満の意味は男女で違うことを詳しく紹介します。これを知っていないと、自分だけ勘違いしてた何てことになりかねませんよ!

スポンサーリンク

女性の考える友達以上恋人未満とは?

まずは女性の考える友達以上恋人未満について確認しておきましょう。

  • 男友達の中でも特別な存在で二人でデートっぽいこともする
  • お互いが気になっていることを周りの友達も知っているのに関係が発展しない
  • 知り合って何度かデートをしていて付き合うかどうか考えている状態
  • イイ感じの男性と体の関係を済ませてデートやお泊りを楽しんでいるけど、明確に告白されていない状態

ざっとこのような関係を友達以上恋人未満と判定しているのではないでしょうか?これらに共通することがあります。それは友達や知り合いの関係というスタートラインから出発して、付き合うというゴールに向かっている状態だということです。

もちろん個人差があるため、そのように考えていない人もいるでしょう。しかし、何らかの希望に向かっているグレーゾーンの状態を友達以上恋人未満と殆どの女性が認識しています。

そのため、友達以上恋人未満の関係を『進展させる』や『卒業したい』という言葉を使うのです。

そもそも男性は友達以上恋人未満という人間関係の判定をしない

先程紹介したように、女性は男性との関係を友達以上恋人未満だと認識して、そのグレーゾーンを抜けたいと願望を多少なりとも抱いています。しかし、男性にそのような考えはありません。

そもそも友達以上恋人未満という人間関係の判定を女性にすることは殆どありません。もちろん、あなたが思う友達以上恋人未満の関係ってどういう意味かと聞かれれば答えるでしょう。しかし、実際の人間にそのような感情は抱きません。

先程紹介した女性が考える友達以上恋人未満のケースを例に挙げて、男女の考え方の違いを見ていきましょう。

特別な男友達だと言っても男と意識している

「彼は特別な男友達なの。よく二人でお出かけするし、お互いの部屋で二人きりで遊ぶし。もちろん、体の関係はないよ!だって彼氏じゃないし!友達以上恋人未満って感じね。彼と付き合うなんて考えられないよ。」

このように楽しそうに話す女性。彼女は彼のことは少なからず男性と意識しています。彼から告白されれば、高い確率で交際することになるでしょう。

まさに付き合うというゴール手前のグレーゾーンの関係だと、本人はしっかり認識していますね。では、彼の方はどうでしょうか?

スポンサーリンク