一緒にいる時はもちろん、一緒にいない時間も常に頭の中は彼氏のことばかり。このように「彼氏が大好きすぎて仕方ない!」という女性は多いのではないでしょうか。

彼氏のことが大好きなのはとても良いことです。しかし、大好きすぎるがゆえに失敗をしてしまうこともいくつかあります。

そこで今回は、彼氏が大好きすぎる女性が注意しなくてはならないことを8つ紹介します。是非参考にしてください。

スポンサーリンク

1.束縛をしすぎない

彼氏が大好きすぎると、彼氏には常に自分の近くにいてほしいと思います。離れている時間がとても不安になってしまうのでしょう。どこで誰と何をしているのか?彼氏に近づく女はいないか?色々と考えてしまいますね。

しかし束縛をしすぎると、彼氏は窮屈に感じてしまいます。そして束縛をすればするほど、あなたから距離をおこうとしてしまうのです。

「今日は友達と飲み会なんだ」と彼氏が報告してきたとします。このような時。

「飲み会?友達って誰?どこで何時から?何時には終わるの?」と質問ばかりして、飲み会中も頻繁に連絡を入れる。そして返信がないと電話までしてくる。

こんなことでは、彼氏は飲み会を楽しく過ごすことができません。信用されていないようで嫌な気持ちになる人もいるでしょう。また常にあなたからの連絡に束縛されることに嫌気がさすのです。

「飲み会?そうなんだ。飲み過ぎないように楽しんできてね!」これくらいの言葉を彼氏に伝えて、あとは飲み会を自由に過ごしてもらうようにしましょう。

大好きな彼氏だからこそ信じているということを伝えれば、彼氏の方から飲み会の終わりに連絡をくれるはずです。信用して自由にしてくれる彼女のことを裏切るようなことはしないでしょう。

2.彼氏の夢にのっからない

大好きすぎる彼氏のことを応援したくなる気持ちはわかります。それは悪いことではありません。しかし彼氏の夢=自分の夢にしてはいけません。それは彼氏には重くなってしまいます。彼氏の夢は応援しつつ、きちんと自分自身の夢や目標を別に持つようにしてください。

例えば将来は弁護士になるのが夢という彼氏。試験のために日々勉強に励むでしょう。それに対してあなたが100%応援をして期待をしてしまうと、彼氏にとっては弁護士の試験を受けることが憂鬱になってしまいます。

落ちた時の気持ちの負担も大きくなるでしょう。また自分の夢を持たない彼女に失望してしまうかもしれません。

「あなたが試験勉強頑張っているから、私も資格の勉強頑張るわ」と言って同じように何かに向かって頑張っている彼女の方が、彼氏も刺激を受けて頑張ることができるはずです。

3.自立した女性になる

彼氏が大好きすぎるあまりに、彼氏がいないと何もできないような女性にはならないようにしましょう。

スポンサーリンク