いくら大好きな彼氏でも、ふとした瞬間にイラッとしてしまうことは誰にでもあります。今回はそんな彼氏がうざいと感じてしまう瞬間をいくつか紹介します。

思わず、「あるある!」って共感できるものは何個あるか?自分の彼氏を思い浮かべながらご覧ください。

スポンサーリンク

お前呼ばわりするな!

Sっ気のある男性に憧れている女性は少なくありませんが、いざ実際に彼氏から「お前」と呼ばれるとイラッとするのは珍しくありません。どうしても内心「偉そうにするな!」と思ってしまいます。

さらに、友達と一緒の時だけ「お前が・・」なんて強気に呼ばれると、うざさは最高潮!友達の前で良い恰好をしたいのか、亭主関白ぶりを見せたいのか・・。理由は不明ですが、うざいことだけは確かです。

もっとひどい場合だと、お前とすら読んでくれません。「オイ・・」とだけ一言。まるで物扱いです。

わざと嫉妬させようとする

自分に自信がない男ほど、相手をわざと嫉妬させようとします。そうやって、追われる自分と追う彼女の関係を維持したいのです。

自分のことを好きでいてくれるし、ガキで少し不器用なだけだと思えば許せないこともないですが、頻繁にされればさすがにうざいです。

男だったら自分に自信をもって、真摯な大人の対応で接してほしいですね。まぁ、こんなことをする男では、一生無理でしょうが・・。

友達最優先

ちゃんと理解しているんですよ。男性が女性以上に友達を優先することは・・。それでも、どうしても納得いかない時があります。

例えば、先にデートの約束をしていたのに、それをキャンセルして友達との予定を入れる・・。「なんで!?」と聞いても、「こっちは大人数で予定を合わせているんだから仕方がないだろ!お前とは別日で簡単に調整できるじゃないか」と論理的に返してきます。

これがある意味間違っていないから、余計に腹が立つのです。まだ無茶苦茶なことを言われた方が、「こんな男早く見切りを付けよう・・」と次の恋愛に進めるだけストレスが溜まりません。

ただ、こんな友達思いで社交的な男だからこそ、好きなったのも事実・・。そう思って、うざいながらも結局許してしまうのもあるあるです。

女友達の存在

まぁ、先程の男友達ぐらいなら、うざさはそれ程ではありません。厄介なのが、女友達の存在です。しかも、付き合いの長い昔からの女友達だと、自分の知らない彼氏のことをよく知っているし、そのことを話題に出されてイラっとしてしまうのもあるあるです。

もちろん、これだけなら彼氏に非はありませんが、その話題に乗っかって二人で楽しそうに盛り上がる・・。こっちは彼女なのに話題に入れず苦笑い・・。

スポンサーリンク