見た目は可愛いのに、なぜかいつも男に恵まれずに不倫や浮気の対象にされてしまう・・。そんな女性、あなたの周りにもいませんか?「この子ならもっと素敵な彼氏ができてもいいのに!」と不思議ですよね?もしかしたら愛人体質の女性なのかもしれません。

今回は、そんな愛人になりやすい女性の共通点を紹介します。「もしかしたら、私のことかも・・」と心当たりがある方も必見です!

スポンサーリンク

1.恋愛以外に楽しめることがない

毎日が職場と家の往復で楽しめる趣味もないし、充実した人間関係もない。そんな女性は恋愛に依存しがちです。

恋愛以外に楽しいことがあまりなく、「毎日つまらない!」と思いながら生きている女性は、男に捨てられそうになると執着してしまう傾向があります。人生の唯一の楽しみなので、恋愛に対しては必死になってしまうのです。その必死な感じが男に舐められる原因です。

男は「あなたなんていなくても、楽しいから平気!」という女性は、必死に追いかけて手に入れようとします。逆に「あなたがいないとダメなの!」とすがりついてくるような女性は、希少性を感じないため扱いが雑になりがちです。

その結果、恋愛に依存してしまう女性は愛人にされたり、ひどい扱いを受けてしまうのです。

2.いつも尽くしてしまう

愛人気質の女性は、男に尽くす人が多いです。惚れっぽく人への愛情が強いため、「なんでもしてあげたい!」という気持ちが強くなってしまうのかもしれません。それは自分のことは大切にせずに、相手のことばかり優先させてしまうということでもあります。

尽くしすぎる女性は、残念ながらあまり男性には大事にされません。男は本能的に女を追いかける時に燃えるタイプが多いからです。献身的すぎる女性に対しては、「こいつは何があっても俺についてくる」と安心してしまいます。

男に尽くしすぎる体質は、男を甘やかしてダメにしたり、ダメな男ばかり引き寄せてしまいます。そのせいで男に大切にされずに浮気相手や二番手にされてしまうのです。

3.人の顔色を伺って生きてきた

愛人になりやすい女性は、人に対して「NO」と言うのが苦手です。人にどんなに理不尽な要求をされても相手の嫌がる顔が見たくなくて、つい受け入れてしまうのです。

もし恋人にひどい扱いを受けても「拒否したら捨てられてしまうかもしれない・・」と思って断ることができません。たとえ愛人としての立ち位置が辛くても、男性と別れるよりはマシだとつい我慢をしてしまうのです。

誰かの顔色ばかり伺って生きてきた女性は、自分の考えや芯のようなものを持っていません。自分の力で「こんな恋愛は良くない!」と考えることもできないし、「もういい加減別れよう」と決断することもできません。そんな気持ちの弱さに悪い男がつけ込むのです。

4.女友達も男友達も少ない

愛人になりやすい女性は、女友達が少ない人が多いです。男に媚びる性格が嫌われるのかもしれません。また、精神的に不安定な女性が多いので、あまり健全な人間関係が築けないのかもしれません。まともな女友達がいれば、「そんな男と付き合うのはやめなよ!」と止めてくれるはずです。

一方で、男の知り合いが多い割には男友達が少ないのも愛人になりやすい女の特徴です。知り合った男性すべてを恋愛対象やセックスの相手として見てしまうので、なかなか爽やかな友情が築けないのです。その結果、悪い男に付きまとわれる可能性も高くなります。

同性とも異性とも良い友情が築けない・・。こんな寂しさがあるからこそ、誰かの愛人になるという良くない恋愛をしてしまうのかもしれませんね。

5.プライドが低い

「相手に奥さんや彼女がいても関係ない!自分が二番手でもいいからそばにいたい・・」まるで純愛のように聞こえますが、ただ悪い意味でプライドが低いだけとも言えます。

愛人を持つ多くの男性は、無意識にその愛人の女性のことを舐めてかかっています。いくら口では「妻とはもう冷めている。お前が一番だ」とは言っても、離婚しないということは結局自分の身と家庭が一番大切なのです。

心のどこかで愛人に対して「こいつは適当な扱いをしてもいい女」だと捉えています。普通の女性なら、そんな扱いをされたら怒りますよね?しかし、愛人になりやすい女性は、それも受け入れて男にすがってしまいます。だから男にいいように扱われるのです。

男性に愛されるためには、まず女性自身が自分のことを大切にするべきです。自分を粗末に扱う女性は、いくら綺麗でも何となく安っぽい雰囲気が出ます。それを嗅ぎ取った男がさらにその女性を弄ぶ・・この悪循環です。

6.自分をコントロールできない

奥さんや彼女がいる男性から誘われた時、普通の女性は「この恋愛はやめたほうがいい」という思考が働きます。しかし、愛人になりやすい女性は冷静な思考よりも自分の気持ちの方を優先させてしまいます。

いくら自分が傷つく恋愛だとわかっていても、「好きだから止められない!」「恋だからしょうがない!」と理由をつけて、いけない恋愛に走ってしまうのです。

本人としては純愛のつもりですが、実はいつも自分の中に寂しさや物足りなさを抱えているから、それを埋めてくれる存在が欲しくて必死なのです。結果として気持ちが暴走してしまいます。

誰しも、「いけない恋だとわかっているけど、踏み込んでみたい・・」という危うい気持ちは持っています。ですが良識ある人なら、自分の感情を冷静な思考でコントロールして踏みとどまりますよね。

一方で愛人気質の女性は、自分の感情に任せて後先考えずに行動してしまうのです。

7.服装に清潔感がなくどこかだらしない

「着衣の乱れは心の乱れ」というように、心のだらしなさは身だしなみのだらしなさに直結します。例えば鞄の中が汚かったり、ボロボロの靴を手入れせずにいつまでも履いていたり・・。こんな女性は心にも隙がある証拠です。

男は意外と女性の細かいところを冷静に観察しています。特に遊び人など悪い男だと、女性のちょっとした仕草から「こいつは遊ばせてくれそう」「この子は堅そう」など判断して声をかけているのです。

いくら美人でも清潔感がない女性は、男は本命の彼女として選びたいと思いません。その代わりに、女性の心の隙を狙っているような悪い男に捕まってしまうのです。そんな女性は結果として愛人扱いされることが多いのです。

8.すぐ男と寝てしまう

男とすぐに寝てしまうような軽い女性は、男性から見ると愛人や浮気相手にはぴったりです。だけど、本命の彼女としては選びたいと思いません。

頼めばすぐにセックスさせてくれる女性は、ただのセフレとしてはとても都合のいい相手です。だけどいざ彼女にしようとなると、「他の男と浮気するんじゃないか?」という疑いが生まれてしまいます。

また、男は本能的に女性を追いかけたい生き物です。すぐに男に股を開くような女性だと、簡単すぎて大切にしようと思えないのです。

スポンサーリンク