「男は高くて可愛い声が好きなんでしょ?」確かに間違っていませんが、必ずしもそうではありません。高くて可愛らしい声でも何とも思わないどころか、イライラしてしまうこともあるのです。

今回は女性が勘違いしがちな声フェチの男性心理を紹介します。「そうだったの!」と男の本音を知ることができますよ。その他にも、声フェチの男性を落とす方法もこっそり教えます!

スポンサーリンク

声はスパイスであり、メインではない

声フェチだからと言って、声だけ良ければいいわけではありません。素晴らしい声によって、その女性の魅力が割り増しされるといった感じです。声フェチだからといって声だけで恋に落ちることはないのです。

料理で言えば、メインではなく最高のスパイスというイメージがピッタリです。

高くて可愛い声なら何でも好きなわけではない

多くの女性がこのことについて勘違いをしています。声フェチの男性には、当然それぞれ好みの声があります。それは高い低いといったことだけではありません。

同じ高くて可愛らしい声であっても魅力的に感じたり、イライラしてしまうものがあるのです。この違いを分けるのはスパイスである声ではなく、メインであるその人の容姿や人柄です。

  • 上品で落ち着いた感じの女性
  • 気さくでいつもニコニコ愛嬌のある女性
  • だらしなくどんくさい女性
  • 口が悪くてテンションの高い派手な女性

この4人が全く同じ声でも、声フェチの男性が魅力的に感じる人とそうでない人に分かれるのです。

外見と声が一致する予想通りの声でも魅力を感じる

「外見と声のギャップに魅力を感じるのでしょ?」確かにその通りです。しかし、外見と声が一致することは悪いことではありません。

容姿に魅力のある女性を見て「可愛らしい子だな。少し高い透き通った声かな?」と声フェチの男性が期待した通りの声だった。こんな時はギャップなど必要ありません。その女性にピッタリの声に癒されるのです。何でもかんでもギャップが必要なわけではないのです。

当然容姿と声が一致していても何も感じない場合もあります。ギャップがないのに魅力を感じるのは、声フェチの男性の好きな声と好きな容姿の2つを兼ね備えた女性に出会ったときだけです。

外見は普通でも魅力的な声で恋に落ちることも

「容姿が重要なら声フェチじゃないのでは?」と思うかもしれませんね。確かに自分のタイプの容姿の女性が、自分の好みの声なら最高です。しかし、そんなことは殆どありません。むしろ、特別好みの容姿でない女性の声に「イイ声・・」と突然魅了されることのほうが一般的です。

これは先程の予想通りの声と違い、全く期待していない相手の魅力的な声にギャップを感じているのです。声フェチの男性なら、この瞬間に恋に落ちることも珍しくありません。

スポンサーリンク