「大好きな彼に振られたけど諦めきれない!だけど、復縁するために一旦引こう・・」と考えたあなた!その考えは大正解です。振られた彼と復縁をしたいなら、後々のことを考えて上手に振られることが大切なのです。

今回は復縁するための上手な別れ方を7つ紹介します。後々のリベンジを有利に進めたい方必見です!

スポンサーリンク

1.振られる理由を聞かない

突然大好きな彼に振られたら「どうして?理由は?」と聞きたくなりますよね?その気持ちはわかりますが我慢してください。後々復縁することを考えて上手に振られるなら理由は聞くべきではありません。その理由は2つです。

  • 彼に負担をかけないため
  • 彼の予想を裏切るため

別れ際にいちいち細かく問い詰められるのを嫌がらない人はいません。もちろん、彼も説明しなければいけないと思っていますが気が重いのが本音です。

そんな彼の心の負担を軽くしてあげることで、あなたとの最後を悪い印象で終わらせることを防げます。別れ際に悪い印象を与えると、「やっぱり別れて正解だった」と思われます。そうなってしまえば、復縁することは困難になるでしょう。

また、「もっと色々言われると思ったけど、分かったで終わりかよ。何か味気ないな・・」と彼の予想を裏切ることができれば、「俺の気持ちを全部伝えるつもりだったのに・・。このまま別れていいのか?こんな最後でいいのか?」と思わせることができます。

相手が何か話したそうでも聞く必要はありません。相手の気持ちを消化不良のままにして別れることが、その後の復縁につながるのです。

2.相手を責めない

振られた理由を聞くのを我慢できても、何か言わないと気が済まない人もいるでしょう。しかし、相手を感情的になって責めてはいけません。これでは最悪の最後を迎えることになります。

先程も紹介したように、別れ際の印象が悪いと自分の判断が正しかったと思ってしまいます。復縁するために上手にフラれるなら、感情的にならないように自分の気持ちをコントロールしてください。それができないなら、さっさとその場から立ち去りましょう。

3.復縁を懇願しない

フラれた理由を聞かない!感情的になって相手を責めない!これが分かっていても、やってしまうミスがあります。それは泣きながら復縁したいと懇願することです。

相手のことなど全く考えず、自分の要求を呑むように感情に訴えかけたら相手はどうなるか?この場から今すぐ立ち去りたいと拒否反応を起こすでしょう。そして「もう二度と会わないように、着信拒否とLINEもブロックしておくか・・」と復縁が絶望的になります。

これだけは絶対にやってはいけません。復縁するための別れ方をしたいなら肝に銘じてください。

4.別れの整理を速やかに進める

付き合いが長いとフラれた後に別れの整理をするケースがあります。

スポンサーリンク