アラフォー女性の方が婚活を頑張ることはとても良いことです。しかし、言動などに注意しないと男性や周囲の人から痛い女だと思われてしまいます。そう思われては婚活も上手くいくわけがありません。

それではどのような行為が痛い女と思われるのか?と不安になっている方のために、今回はアラフォー女性が婚活をしていて痛いと思われる行為について紹介します。

1.婚活しているのに奥手

アラフォー女性が婚活をしていて痛いと思われる行為の1つに男性に対して奥手過ぎるというのがあります。婚活しているにも関わらず、食事の場では積極的に男性に話しかけることをしません。また、話したとしても連絡先の交換などを自分から持ちかけることもありません。

全てに対して受け身なのです。これでは相手の男性からは「何をしに来たのだろう・・」としか思われません。もちろん受け身や奥手な女性を好む男性もいますが、相手がある程度限られるなかで奥手すぎるのは明らかにマイナスです。

待っていて結婚相手が決まるのであれば、すでに結婚しているはずです。「運命的で素敵な出会いがきっとある!」と願うのは10代〜20代の話です。

30代〜40代になって婚活をするのなら、「今までのやり方ではいけない!」と自覚したうえで、今まで以上に男性に積極的にならなければ何も変わりません。

いつまでも「白馬の王子様が迎えに来てくれる!」と夢見ているアラフォー女性は痛い女と思われても仕方がありませんよ!

2.外見のタイプだけを追いかける

10代〜20代の女性のように外見のタイプだけを追いかけていることも、アラフォー女性が婚活をしていて痛いと思われる行為の1つです。

  • 「さっきの男性すごくイケメンだった」
  • 「身長が高くてモデルみたいだった」

このように外見のタイプばかり気にしている婚活中のアラフォー女性は、男性だけでなく周りの女性からも痛いと思われます。また、結婚相手を探す際に、友人や知人や結婚相談所などに「イケメンでお願いします!」などの注文を付ける行為も同様です。

「何様なんだろう?」と思われること間違いないでしょう。外見ももちろん大切ですが、外見だけを重視して婚活している人はほとんどいません。それに何らかの理由で結婚できていない人も多い訳ですから、外見でなく中身をしっかりと見ることが大切です。

男性も外見を重視している女性とは、なかなか結婚しようと踏み切ることはできません。それがアラフォー女性なら尚更です。

若い女性達がアイドルグループを追いかけているのはまだ通用しますが、婚活中のアラフォー女性が同じように外見のタイプの男性ばかりを追いかけるのは痛い行為だと認識しましょう。

3.自己中心的

自己中心的なことも、アラフォー女性が婚活をしていて痛いと思われる行為の1つです。そもそも自己中心的な女性は、婚活中でもそうでない場合でも周囲に痛い女性だと思われることを認識してください。

RECOMMEND PR