彼氏から「一緒にお風呂に入ろう!」と誘われるのは、付き合って間もないタイミングだったりします。嬉しいし恥ずかしいのと同時に嫌われたくないと不安にもなりますよね。

彼氏にがっかりされないためには、どのような点に注意したら良いのでしょうか?今回は彼氏とお風呂に入る際に注意すべきことを紹介します。

スポンサーリンク

1.脱いだ服はキレイに整える

彼氏とお風呂に入る際に注意すべきことの1つに脱いだ服をキレイに整えることがあります。付き合いの浅いカップル程、脱いだ服をキレイに整えるように心がけましょう。

男性は意外とこういう細かいところを見ています。脱いだ服が雑に扱われていると女性らしさを感じなくなるでしょう。「見えないところでは男っぽいんじゃないのか?」と印象を悪くします。

せっかく一緒にお風呂に入ることにドキドキしていた彼氏も、これでは一気に冷めてしまいます。女の魅力でドキドキさせる場面なのに、彼に大雑把な女性というイメージを与えては本末転倒です。

2.メイクを落とす姿を見せない

メイクを落とす姿を見せないことも忘れてはいけない大切なことです。すっぴんの顔を見せることは問題ありませんが、すっぴんになる過程を見せることはマイナスにしかなりません。

いつも彼氏にドキドキしてもらいたいと思うのであれば、出来る限り途中の過程は見せないようにしましょう。メイクを落としている姿を見せることで、「作っている」というイメージを強く与えて気持ちが冷めてしまいます。

次の項目で詳しく紹介しますが、事前に化粧を落としておくことをお勧めします。そして彼氏がお風呂に入ってきたときに、恥ずかしそうにすっぴん姿を見せましょう。これが男心をくすぐるポイントです。

3.彼氏よりも先にお風呂に入る

先程少し触れましたが、彼氏よりも先にお風呂に入ることも大切なことです。先にお風呂に入ることで服を脱いでいる姿を見られなかったり、体を洗っている姿を見られないですみます。

これらの行為はどう頑張っても可愛く見えるものではありません。特に体を洗う姿を見せると男性は興冷めしてしまいます。リアルな生活感を出し過ぎると女性の魅力が激減してしまうので注意してください。

彼氏には15分後ぐらいに入ってくるようにお願いしておいて、その間にメイクを落として体を洗っておきましょう。

4.堂々とせずに恥ずかしがる

彼氏とお風呂に入る際に、少しオーバーに恥ずかしがると彼を喜ばすことができますよ。恥ずかしがっている姿を見ることで、女性らしさを感じて可愛いと思うのです。

誰だって彼女が裸になっている時は堂々としていてほしくない!それどころか、あまり恥ずかしがらないだけでも幻滅してしまう・・。それが男というものです。そのため、恥ずかしがり方は女性が大げさだと思うぐらいで丁度良いのです。

恥ずかしがっていれば恥ずかしがっているほど、色気や魅力を感じると覚えておきましょう。

スポンサーリンク