彼氏から「一緒にお風呂に入ろう!」と誘われるのは、付き合って間もないタイミングだったりします。嬉しいし恥ずかしいのと同時に嫌われたくないと不安にもなりますよね。

彼氏にがっかりされないためには、どのような点に注意したら良いのでしょうか?今回は彼氏とお風呂に入る際に注意すべきことを紹介します。

スポンサーリンク

1.脱いだ服はキレイに整える

彼氏とお風呂に入る際に注意すべきことの1つに脱いだ服をキレイに整えることがあります。付き合いの浅いカップル程、脱いだ服をキレイに整えるように心がけましょう。

男性は意外とこういう細かいところを見ています。脱いだ服が雑に扱われていると女性らしさを感じなくなるでしょう。「見えないところでは男っぽいんじゃないのか?」と印象を悪くします。

せっかく一緒にお風呂に入ることにドキドキしていた彼氏も、これでは一気に冷めてしまいます。女の魅力でドキドキさせる場面なのに、彼に大雑把な女性というイメージを与えては本末転倒です。

2.メイクを落とす姿を見せない

メイクを落とす姿を見せないことも忘れてはいけない大切なことです。すっぴんの顔を見せることは問題ありませんが、すっぴんになる過程を見せることはマイナスにしかなりません。

いつも彼氏にドキドキしてもらいたいと思うのであれば、出来る限り途中の過程は見せないようにしましょう。メイクを落としている姿を見せることで、「作っている」というイメージを強く与えて気持ちが冷めてしまいます。

次の項目で詳しく紹介しますが、事前に化粧を落としておくことをお勧めします。そして彼氏がお風呂に入ってきたときに、恥ずかしそうにすっぴん姿を見せましょう。これが男心をくすぐるポイントです。

3.彼氏よりも先にお風呂に入る

先程少し触れましたが、彼氏よりも先にお風呂に入ることも大切なことです。先にお風呂に入ることで服を脱いでいる姿を見られなかったり、体を洗っている姿を見られないですみます。

これらの行為はどう頑張っても可愛く見えるものではありません。特に体を洗う姿を見せると男性は興冷めしてしまいます。リアルな生活感を出し過ぎると女性の魅力が激減してしまうので注意してください。

彼氏には15分後ぐらいに入ってくるようにお願いしておいて、その間にメイクを落として体を洗っておきましょう。

4.堂々とせずに恥ずかしがる

彼氏とお風呂に入る際に、少しオーバーに恥ずかしがると彼を喜ばすことができますよ。恥ずかしがっている姿を見ることで、女性らしさを感じて可愛いと思うのです。

誰だって彼女が裸になっている時は堂々としていてほしくない!それどころか、あまり恥ずかしがらないだけでも幻滅してしまう・・。それが男というものです。そのため、恥ずかしがり方は女性が大げさだと思うぐらいで丁度良いのです。

恥ずかしがっていれば恥ずかしがっているほど、色気や魅力を感じると覚えておきましょう。

5.タオルで裸を隠す

堂々とせずに恥ずかしがるだけでなく、タオルで裸を隠すことも忘れてはいけないポイントです。タオルで隠さずにいると、どうしても堂々としている印象を与えてしまいます。

男性はなかなか見えないものや、ミステリアスなことに魅力を感じます。裸で堂々としている印象を持たせてしまうと、彼氏は彼女の裸に色気や魅力を感じなくなるでしょう。

お風呂の入ることで魅力が半減してしまっては、恋愛関係自体が長続きしなくなるかもしれません。そうならないためにも、裸は隠しておきましょう。

6.ムダ毛処理は見せない

当然ですが、彼氏とお風呂に入る際にムダ毛処理をしている姿を見せてはいけません。ムダ毛処理をする姿を見たら、どんな男性だって気持ちが冷めてしまいます。それどころか嫌悪感を抱く男性が大多数でしょう。

彼氏は彼女にいつまでも可愛くキレイでいて欲しいものです。ムダ毛が生えていることも処理をしていることも、分かっているとはいえ信じたくないものです。(考えたくないともいえます。)

想像はしたことがあっても、実際に処理しているところを見たらドン引きすること間違いなしです。事前にムダ毛処理を済ませていないなら、彼氏と一緒にお風呂に入ることは避けましょう。

7.いつものように淡々と済まさない

一人でお風呂に入る時は、淡々と済ませますよね?そんな姿を見せては、彼氏はがっかりするでしょう。彼氏はあなたと一緒にお風呂に入ることを楽しみにしています。いつものように淡々とならないように注意が必要です。

普段見せない姿や環境の中で甘えることにより、今までとは違うあなたの魅力を見つけることができるでしょう。甘えずに淡々としたままだと、「また次に一緒に入ろう」と声をかけられなくなりますよ!

8.照明は暗くする

お風呂に入る際に照明を暗くすることも忘れてはいけません。明るすぎると様々な部分がハッキリと見えてしまいます。これでは見せたくないところまで見られてしまいます。

それに先程紹介したように、男性はミステリアスな部分に魅力を感じます。はっきりとあなたの体を見せてもお互いに良いことはないのです。

電気の明るさを調整できないなら、キャンドルを使ってみましょう。キャンドルがない場合は、脱衣所の明かりだけを頼りに浴室の照明を消しても適度な明るさになると思います。

照明を暗くすることは、自分自身の魅力を高めることができると覚えておきましょう。

9.入浴剤を使う

お風呂に入浴剤を入れることも忘れてはいけません。入浴剤を入れることで、湯に香りと色が付きます。色が付くことで湯船の中の体が見えなくなりますよね?さらに香りがあることで心地良い空間を演出することができます。

もし入浴剤を入れなかったらどうなるか?お湯の中の体も丸見えで、香りもないためムードがありません。少し考えれば絶対に必要なものだと理解できると思います。

では、どのような入浴剤を入れるべきか?もちろん好みで選んで問題ありませんが、せっかく二人だけの甘い時間を過ごすなら、爽やかな柑橘系よりもローズやラベンダーなど女性っぽい香りのある入浴剤で色っぽさを演出することをお勧めします。

10.彼氏より先にお風呂を上がる

彼氏より先にお風呂を上がることも忘れてはいけないポイントです。先に上がることで着替える姿を見られることがありませんからね。時間を見計らって彼氏より早く上がり着替えを済ませましょう。

スポンサーリンク