「彼氏がまったく束縛をしてこない・・もしかして私に愛情がないの!?」と不安になってしまいますよね。彼氏は一体何を考えているのでしょうか?

女性としては、「束縛しない=彼女に関心がないのでは?」と疑ってしまうかもしれません。だけどそこに隠された男性心理には、実に様々なものがあります。

本当に愛がないから束縛しないのか?それとも、もっと別の心理があるのか?それを見極めるには、彼氏をじっくりと観察することが大切。今回は束縛しない彼氏の心理を紹介します。

スポンサーリンク

1.彼女を信頼している

そもそもなぜ男は彼女を束縛したくなるのか?それはズバリ、不安だからです。「ちゃんと縛り付けておかないと、彼女が俺の元からいなくなるかも・・」という恐れがあるので、男は女を束縛するのです。

つまり、逆に束縛をしない男は彼女への信頼が高いということ。「彼女は俺のことを好きだし、浮気もしないはずだ」という自信があるのです。これは彼氏があなたとの恋愛に非常に満足している証拠だとも言えます。

こんな場合はそのままでもいい関係が築けるはずですが、彼氏を安心させすぎると関係がだらける可能性もあります。彼氏の信頼を失わない程度に他の男性の影をちらつかせるのも有効な方法です。

ただ彼は今のままで十分幸せとも言えるので、やりすぎると信頼関係に傷がつく恐れもあります。「今日職場の〇〇くんが家まで送ってくれたんだ〜」など、ちょっとヤキモチを妬かせるくらいの他愛のない話をするぐらいが無難かもしれません。

2.彼女への思いやりが強い

男性は束縛されるのが嫌いな生き物です。だから、彼女に対しても「束縛されたり嫉妬されたら、きっと嫌な気持ちになるだろうな」という思いやりの気持ちがあるのかもしれません。

また、思いやりのある男性なら「彼女には自由でのびのびしていて欲しい」と思っているものです。連絡をしたい時も、「今忙しいのかな?」「友達と遊んでるのに連絡したら悪いな」なんて遠慮している可能性もあります。

こんな優しいタイプの男性は、自分の言いたいことも我慢してしまう人が多いのです。彼氏が言いたいことを我慢していないか?気遣ってあげることが大切です。また、あなたから気持ちを素直に表現することで、彼氏も安心して心を開いてくれるかもしれません。

3.自分も束縛されるのが嫌い

彼女を束縛したがらない彼氏。もしかしたら、元カノから束縛された経験があるのかもしれません。

  • 連絡が途切れただけですぐ鬼電
  • 他の女性と話すのを禁止
  • 仕事帰りに毎日デートすることを強要

このような極端な束縛をする女性も中にはいるのです。

男性は女性が思う以上にデリケートな生き物。過去に束縛が強い彼女がいただけで、「もう二度とこんな思いはしたくない」とトラウマになってしまうものです。そして、「自分がされたら嫌だからこそ、相手にはしない」と誓っている可能性もあります。

彼氏に対して「もっと束縛してくれてもいいのに・・」という不満はあるかもしれませんが、大切なのは相手のことをしっかり見て受け止めてあげること。

もしかしたら、「〇〇くんってそんなに束縛しない人だよね」なんて軽いノリで話してみれば、「実は昔こんなことがあって・・」と話してくれるかもしれません。

4.自立した関係を望んでいる

学生時代など「若い頃は恋愛が生活のすべてだった!」という人は、男女限らず多いかもしれません。ですが、大人になるにつれて恋愛以外の世界も広がっていくものです。仕事や趣味や人間関係など、人はいろいろな側面を持って生きています。

そんな状況で、彼は彼女とは自立した人間関係を望んでいるのかもしれません。例えば、「毎週末はお互いにデートの予定だけ」という状態だと確かに恋愛は充実しますが、お互い趣味や勉強などの時間は持てませんよね。

女性は恋愛だけでなく、仕事や趣味など他の分野のことも充実させると人間として深みが出てくるものです。彼氏はあなたにそんな自立した女性でいて欲しいのかもしれません。

「生活のことは彼氏だけでいっぱい!」と思っているのがわかると、男は重たく感じてしまうものです。「仕事や趣味が楽しくて彼氏のこと忘れてた!」くらいに自立していると、彼氏も逆に束縛したくなってくるかもしれませんね。

5.本当は束縛したいけど我慢している

もしかして彼氏は心の中では「彼女のことを束縛したい!」と思っているのかもしれません。でも男性は女性が思う以上にプライドが高い生き物です。彼女にカッコ悪いところを見せたくなくて嫉妬心を隠している可能性もあります。

また、「なんとなく彼女よりも上の立場に立っていたい」と思う男性もいます。「彼女は俺のことが大好きだけど、俺はそうでもない」という恋愛の上下関係を築いていたいのかもしれませんね。

あなたが「飲み会に行ってくるね」と出かけて行って、内心不安なのに「行ってくれば」とクールなフリをします。でもこんな男性は嘘を吐くのが下手な人が多いので、リアクションをよく観察してみると本音が顔に出ていることも・・。

6.忙しい

束縛をしない彼氏は、単純に毎日が忙しいのかもしれません。彼女と会っている時間以外は、仕事が忙しかったり、男友達からの誘いが多かったり・・。こんな男性だと束縛する暇さえないのです。

逆に仕事ものんびりで恋愛以外に趣味や交友関係もない男性だと、暇な時につい彼女のことを考えてしまいます。「今彼女は何してるのかな?」「飲み会だって言ってたけど、もしかして合コン?」なんて妄想がモヤモヤと膨らんでしまうのです。

つまり、束縛がないということは、恋愛以外のプライベートが充実している証拠。彼女としては寂しいかもしれませんが、デートの時に愛情表現をたっぷりしているのなら特に問題はありません。

「彼氏は毎日が充実していて心に隙間がないからこそ、束縛の必要もないんだな」と納得しておきましょう。

7.愛情が薄い

「彼女を愛しているし信頼している」という理由で束縛しない男性が大半です。ですが残念なことに、中には「彼女のことをそんなに好きじゃない」「彼女に関心がない」という理由でまったく束縛をしない男性もいるのです。

大抵の男性は分かりやすい性格をしているので、「好きじゃないなら別れてしまおう」と思っている人が多いはず。「相手のこと好きじゃないけど、とりあえず付き合っとくか」と器用に本音を隠すのは、女性には多いですが男性には少ないです。

そのため、あなたの彼氏が「愛情が薄いから束縛しない」という可能性は低いかもしれません。それでも、「デートの時もつまらなさそう」「彼氏から連絡がまったく来ない」など、他にも思い当たることがあるなら危険信号です。

もし普段は愛情いっぱいに接してくれるのなら心配することはありません。ですが、彼氏からの愛情が感じられないし束縛もしてくれない場合は、残念ですが相手はそれほどあなたのことを想っていないのかもしれません。

スポンサーリンク